転職お役立ち情報

保育士がモテる10の理由

557秒で読めます

保育士のモテる理由ベスト10

保育士がモテる理由

普段、子どもたちと接している保育士は、許容範囲が広く、優しそうなイメージを持たれています。また、小さい頃に保育園に通っていた時のことを覚えている人は「優しくて大好きな先生」という理想のイメージを保育士に抱いているのではないでしょうか。

特に男性にとって保育士は憧れの職業であり、合コンなどで「保育士です」と伝えると、好感を持たれます。

今回は、保育士のどんなところがモテ要素なのか、徹底解明してみましょう♪

理由⒈ 優しい

保育士と言ったらコレ!子どもが泣いても騒いでもいたずらをしても、優しく諭すというイメージを持たれているようですね(笑)

男性は、付き合ってもちょっとくらいの失態は笑って許してくれる女性を求めていると言えます。仕事から帰ってきたときに、優しい笑顔の奥さんがいたらとっても癒やされますもんね。

いつも笑顔で元気いっぱい、という保育士が理想の奥さん像であるというのもうなずけます。

 

理由⒉ 忍耐力がありそう

我慢強さも女性の魅力。いずれは結婚を・・・と考える男性が多いですから、「一緒に家庭をつくれるしっかりもの」という女性がいいんですよね。

力仕事もするし、複数の子どもの命を預かる仕事をしている以上、忍耐力は自然と養われます。おっとりした見た目なのに、中身はしっかりしている保育士は多いですね。

 

理由⒊ 音楽ができる

保育士がモテる理由

人によって得手不得手はあるはずですが、保育士をやっていれば歌ったりピアノを弾いたりする機会が多いです。

音楽ができる女性=素敵という印象を持たれます。「将来こどもが生まれたら、こんなふうに親子で一緒に童謡を歌ったりするのかな・・・?」とつい考えてしまいますね。カラオケで童謡を歌うと好感度がアップするかも?

 

理由⒋ 家事が得意そう

保育士は掃除もやるし洗濯物だって畳みます。保育園にいる間はお母さん代わりですから、テキパキと家事をこなす能力が自然と身につきます。

結婚しても家事には困りませんが、そこは男性にも手伝ってほしいところですね。自分だけが家事担当にならないように気をつけてください。

理由⒌ 良いお母さんになりそう

男性も女性と同じように、結婚して子どもを育てる時のことまで頭でシュミレーションをするようです。

子どもが好き、という性格に合わせて、育児について基本的な知識があるため、「お母さんになってもきっと大丈夫だろうな」と思われているようですね。

 

理由⒍ 聞き上手

おしゃべりな子どもたちと接していると、聞く力がついてきますよね。「それで?おうちでは何をして遊んだの?」「そのとき○○君はどう思ったの?」など、相手の言いたいことを上手に引き出すことができます。

自分の話を気持ちよく聞いてくれる相手、というのは女性にとっても男性にとっても居心地の良いものです。

 

理由⒎ 年下の扱いが上手い

これは説明するまでもないですね……!いつも小さな子どもたちを相手にする保育士は、特に年下の男性からもてる傾向があります。頼れる素敵なお姉さん、ということでしょうか。

「直してほしいなあ」といらっとすることがあっても、相手を攻撃することなく、自発的に直せるように導いてしまうやり手な保育士も多いです。「ほめて伸ばす」「相手のことを理解する」という姿勢は、男性にとっても嬉しいですよね。

 

理由⒏ 女友達が多い

合コンで気をつけていただきたい要素がこちら。保育士ならば女性の知人も多いだろうと見込んで、あなたに近づいてくる男性がいるかもしれません!他の女の子紹介してよ〜と言われた時は、要注意です。

保育園は出会いの少ない職場なので、異性を紹介することは喜ばれるかもしれません。しかし、紹介というのは、紹介される側だけでなく紹介する側にも大きな責任が伴うものです。職場や友人間で円滑な関係を築いておきたいなら、慎重にしたほうがいいですね。

 

理由⒐ 手先が器用

工作や手芸をするため、手仕事が得意な保育士は多いですよね。男性はそういった作業が苦手な人が多く、保育士が作った壁面装飾や行事の衣装を見ると、「おー!すごい!」と感動してくれます。

子どものために、といいながら楽しそうに装飾のアイディアを考えている姿も、キュンとくる男性が多いそうですよ。

 

理由⒑ オシャレすぎない

出勤する時にバッチリメイクで出掛ける保育士はいませんよね?そこが好感を持たれるポイントのようです。ブランドものや化粧に夢中になりすぎず、ほどよく素朴、というのもモテ要素なのですね。

付き合ったり結婚したりしても、背伸びをせずに自然体でいれそう、という女性は素敵ですよね。

 

モテすぎるのも要注意!

保育士がモテる理由

保育士が男性と交際する上で付き合う時に気をつけなければいけないのは「お母さん役にならないこと」です。男性は本能的に「お母さんっぽい」女性に魅かれる人が多いのです。マザコンと呼ばれる人は、だいたいにおいて男性ですよね。

あなたがいつものクセで、相手のわがままを聞いてあげたり、お世話をしてあげたりすると、保育士の性質をうまく利用されて、あなたが苦しい思いをすることになります。

大切なことは、相手が大人であることを忘れない、ということ。

保育園で働いている時は優しい先生かもしれないけれど、家に帰ってきたらパートナーに甘えることもしていいんですよ!お母さん役が定着してしまうと、甘えにくい関係性ができあがってしまいます。

また、子どもには怒らないかもしれませんが、彼に対しては必要ならきちんと怒りましょう。自分の嫌なことは、嫌!と意思表示をすることで、大人同士の対等なパートナーシップを築くことができます。

 

相手の理想に合わせすぎなくてOK

10のモテ要素を確認して「私は保育士なのに家事も苦手だし歌も下手だし……我慢強さにも自信がないなあ」と不安に思っている方もいるでしょう。

しかし、これはあくまで男性から見た理想の保育士像。不器用な人だっているし、物腰が柔らかくない保育士だっています!実際、筆者は3つくらいしか当てはまりません(笑)

 

もしも、男性が魅力的だと思う素敵な女性を目指したいわ!とか、合コンでもてたい!と思う方は、ぜひ参考にしてみてください。

しかし、あなたの個性を殺さなくても良いのです。保育園には色々なタイプの先生がいるから、子どもたちに良い刺激を与えることができます。みんなが「優しくて穏やかなお母さん」だったら、面白くないですよね?

子どもの前でも彼の前でも、自分だけの良いところをアピールしてみてくださいね♡

 

保育士辞めたいの私だ著者:東京都在住・20代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士辞めたいの私だ http://www.suicideoutreach.org/】

関連記事を見る

>もっと見る