転職お役立ち情報

【求人待遇】小規模保育園は給料が良いって嘘?本当?

311秒で読めます

メリットが多い小規模保育園。次転職するなら小規模保育園がいいな、と考えている保育士さんも多いのではないでしょうか?

でも働くとなると気になるのが、「お給料」ですよね。いくら保育士のやりがいはお金で買えないものとはいえ、安心・満足して働くために、安定したお給料は欠かせません。

とはいえ、なかなかお給料のことって、採用時や勤めてる人には聞きづらいですよね。実際どうなの?というところを調べて見ました。

寝てる赤ちゃんイラスト

 

小規模保育園の給料は

小規模保育園の給料は、普通の保育園とくらべて高いのでしょうか、安いのでしょうか?

求人を見てみたところ、「普通の保育園と変わらない~ちょっと高い」くらいの印象を受けました。

東京都内であれば、保育士の月収は(未経験の新卒の学生さんで)18万~21万円という水準ですよね。小規模保育園の場合は、18万円~22万円という水準で、おおよその平均額が20.5万円程度のようです。

もちろん賞与などのその他の待遇が施設によって違うので一概には言えないのですが、一般的な保育園とくらべてちょっと高い水準ですよね。これは嬉しいです。

なぜ小規模保育園の給料は良いのか?

小規模で保育料がそんなに徴収できないのに、なぜお給料が良いんだろうと疑問になりませんか?

私はとっても気になったので、調べて見ました。

保育士の人数が少ないから給料が良い

1つ目は保育士の人数が少ないということです。保育料の額が少ないとはいえ、配分先の保育士の人数が多くないので、1人あたりの給料が高くなるんですね。

また、人数がすくないということは、役割や役職につく人も少なくて済みます。大きい施設の場合、保育士→クラス副担任→クラス担任→学年副主任→学年主任→副主任→主任→副園長→園長→会長、みたいに、たくさんの階層がありますし、各役職についている人数もたくさんいます。その分、役職手当もかさみますし、グレードが上がるごとにお給料を上げなくてはなりませんから、職員全体に支払うお給料もすごい額になります。

しかし小規模保育園であれば、保育士も小規模な組織ですから、こういった大きな組織は必要ありません。そのため、不必要な手当などをカットできるので、現場の保育士1人1人のお給料をしっかりと出すことが出来るんですね。小規模保育園に限定して優良な転職保育士の募集を探せるサイトも増えていますので、参考にしてみるのも良いのではないでしょうか。

認可を受けている施設だから給料が良い

小規模保育施設は、「子ども・子育て支援事業」で新しく認可事業とされました。この認可を受けられるようになったことで、公的な資金援助の対象となり、安い保育料でしっかりとした保育士の待遇を実現させることができるようになった、という面もあります。

保育料が低価格になったので、今まで手がでなかった家庭も小規模保育へ入園できるようになり、今小規模保育園の人気は保護者からも高まっています。そのため、新しい小規模保育園のオープンも増えているようです。

また、公的な補助が受けられるのは、施設の設備の改修費などだけではありません。認可事業となったことで、認可を受ければ、国の制度による処遇改善加算の対象にもなります。最近では保育士の待遇の低さが話題となり、待機児童問題を解消するために保育士の処遇改善も始まっています。こういう制度の対象に、小規模保育園の保育士も入ることが出来るのです。将来的にも待遇が保障されているというのは安心ですよね。

 

著者:30代 女性 栃木県在住
【寄稿元/出典:小規模保育と貧困・求人待遇問題まとめ http://www.aibofund.net 】

 

 

関連記事を見る

>もっと見る