転職お役立ち情報

「もう保育士辞めたい」そう思った保育士さんが考えるべきこと

510秒で読めます

好きで始めた仕事でも「辞めたい」と思うことは、どんな仕事をしていてもあると思います。

まずはひとりで抱え込まず誰かと話してみましょう。このブロ グを読んで何か気持ちの変化があればいいなと思います。

悩む保育士さん

 

保育士辞めたい、その理由は?

辞めたいと思う理由は、人それぞれあると思いますが、人間関係であったり、お仕事内容であったり・・・。実際にその保育園で働いてる方にしかわからないことも、たくさんあると思います。

同じ悩みを抱えている人がいることで、少し救われることもあるのではないでしょう か。

私が日々話している保育士さんたちの中には、パワハラで悩んでいる方もいます。最近問題になっている「モラハラ」でなやんでる方もいます。

最近ニュースの話題にもなっていますが、給料がやすかったり、流産するほど仕事がきつかったり、という業務内容で悩んでいる保育士さんもいらっしゃいますよね。

子どもが好きだからこそ辞めたい?

子供が好きだからこそ、その仕事を嫌いになりたくない・・・と仕事をやめようか悩む方もいます。

また、あまりの仕事の忙しさに、「子ども1人1人のことではなく、自分の仕事をうまくまわすことしか考えられていない。保育士としてだめなんじゃないか」と悩んでいる保育士さんも多いかと思います。

そんな保育士さんの話を聞くと、子どもが大好きで、子どもたちを安全に健やかに育てるために保育士になったのに、現実でやっていることをかんがえると虚しくなってしまう・・・というのもうなずけます。

も し今続けようかやめようか迷っているのであれば、まず転職を考えるのも1つの解決方法だと思います。

保育士辞めたい、と思った時に考えるべきこと

何をきっかけにやめようと思いましたか?

そこが大事なこ とだと思います。

同僚の方はとても良い方。でも上司の方と合わないですか?

労働条件によって体調を崩してしまったり、ストレスが溜まっていますか?

もし上司の方 と合わない場合は、まず仲の良い同僚の方と話してみましょう。同じことで悩んでいるかもしれません。1人では解決できないことでも誰かと話し合うことで解決策が見つかることもあります。

つらいことや悲しいことも悔しいこともたくさんあると思います。そのことも話してみましょう。泣きたくなったら思いっきり泣きましょう。

我慢をすることも時には大切ですが、泣いても大丈夫です。仕事の悩みと言うのは同じ仕事をしている人にしかわからないことが多いです。なので話してみましょう。

 

「もう保育士やめたい」そう思った時は

保育士辞めたい、と思ったら職業そのものを諦める前に保育士の求人募集情報を探す、というのがまずは大前提ではあるものの、保育士をしていると「もう辞めたい・・・」『もう保育士諦める。。』と思うこともありますよね。

今悩んでいる保育士さん、同じような悩みを抱えている保育士さんはあなただけではありません。同じように辛いと思っている保育士さんは、たくさんいるんです。

では、「もう仕事いきたくない・・・」と思ってしまうくらい仕事が辛いときは、どうすればいいのでしょうか。

悩む保育士

労働条件がきつい、そんなときは

もし労働条件が原因の場合は、少し転職サイトを見るのはどうでしょうか。転職をするときでなくても、転職サイトはみていいんです。ご自身の働かれてる園とは違う園を見ることで、何か変わってくるかもしれません。もしかしたら、良い保育園との出会いもあるかもしれません。

社会的にも、保育士さんの労働環境は問題になっています。なので、改善しようとしている園も たくさんあります。完全週休2日の園や、賞与や給料面に力を入れている園もあります。

肩に力を入れず、気軽な気持ちで、まずはいろんな園の見学に行ってみるのも、今の環境を見直すきっかけになるかもしれません。

いきなり転職活動をする、となると、やることがたくさんであたふたしてしまいます。じっくり考えて「転職したいなあ」と思ったら転職をすればいいんです。焦る必要はありません。

ゆっくりで大丈夫ですので少しずつ前向きに進んでいきましょう。

自分の意思を大切に

何よりも1番大切なのが、ご自身の気持ちです。「行きたくない」「辞めたい」そんな自分の気持ちを、ちゃんと受け止めるようにしましょう。

「こんなこと考えるなんて、ダメな保育士だなあ・・・」と自分を責めることはありません。

仕事を辞めたいと言うと、周りに「そんなに仕事は甘くない」と言われてしまったり、責められてしまうこともあるでしょ う。

仕事に対しての考え方は人それぞれ違います。なので、その考えも1つの考えです。

ただそれが全てではありません。

少しでも笑顔で仕事ができるように、転職 や労働条件を変えようとすることは逃げではありません。なのであまり思いつめないでください。

 

まとめ

私たちは、1日の半分以上を仕事をしています。そう考えると一生の うちほとんどの時間仕事をしているということになります。

なら楽しいほうがいいです。笑顔でいれる方がいいと思います。

それは決して楽をすると言わけではなく、大変だけど楽しいと思う環境に少しでもいるほうがいいと私は思います。

そして何よりも、好きな仕事を嫌いになってほしくありません。なので、今悩んでいる方は、こ のブログを見て前向きに少しでもなってくれていたら嬉しいです。

保育士になりたいと思ったときの気持ちがなくならないように、力になれたら嬉しいです。

悩みに大きいや小さいははりませんなので恥ずかしいとは思わないでください。きっと近くに同じ悩みで悩んでいる人はいます。あなたは1人じゃないですよ。それだけは忘れないでください。

 

著者:千葉県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:【求人探しはまだ早い】新人保育士の悩み http://www.grasshutcorp.com 】

 

関連記事を見る

>もっと見る