転職お役立ち情報

業務経験を積んで、保育士が園長・施設長の求人に合格するには?

244秒で読めます

待機児童の問題が声高に叫ばれています。
今、新規に事業を始めるのなら、保育所を経営しよう、と考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、保育園を始めるとなると、一体何から始めればいいのでしょう?
園長や、施設長になるには何か資格が必要なんでしょうか?

今回は、園長や施設長になるには、について詳しくご紹介します。

園長や施設長になるには、保育士資格が必要?

保育園は、認可保育園を作るか、認可外保育園を作るかで、大きく方法が変わってきます。
認可保育園になると、決められた要項をすべて満たしておかなければいけません。

例えば、施設の大きさやそれに対しての、人数。
職員の配置。

更には園庭の有無まで結構、細かく決められているんです。

しかし、保育園の園長先生や施設長については、法律で決められているものありません。
言ってみれば誰でも園長や施設長になれるということなんです。

もちろん、経験がなければ、保育園の園長や施設長をするのは難しくなります。
経営方針も、一般企業とは全く違うところもあります。

しかし、園長になりたいから、といって保育士の資格を取る必要はないんです。

保育園の園長

園長や施設長の仕事はどんなこと?

もちろん、保育士経験がある人が園長や施設長になっているのは、有利な点が多いです。
しかし、経験があるからといって、全て勤まる、というわけではないんです。

園長や施設長の仕事というのは多岐にわたります。
ほとんどは施設の管理運営になります。

この中には、保育園の園児のこと、保護者のこと、保育士のこと、その他職員のことになります。
保育だけでなく、給食から施設設備、労務管理、会計事務、行政とのかかわり、地域との連携などです。

これらの業務をこなすには、保育士の専門知識だけでは役に立たないのです。

しかし、保護者の意見を聞くと、保育園の園長先生はやはり認識のある人で、保育士の資格を持っていてほしいという人が多いんです。
そのほうが、保護者も安心できるからでしょうね。
参考にしたサイト:保育士転職のお役立ちコンテンツ  / 記事の作者:東京都 20代後半 女性 保育士

園長や施設長の求人はどこから?

認可保育園で一定以上の経験年数があれば、園長職というのは決して遠い存在ではありません。
新しい保育園が毎年必ず開園していますし、退職などの理由により園長の職があいてしまうこともあります。

しかし、求人はなかなか見かけませんよね。

園長や施設長の求人というのは、一般的に非公開なことが多いんです。
求人の一番多い時期は、3、4月で人が一番動く時期となっています。

園長職に就くときの一番のポイントは、経験年数などではなく、園長としてこれから園児にこんな風にかかわっていきたい、という志なんです。
園長としての目標を掲げて、応募することが採用への一歩かもしれませんね。

 

 

著者:石川県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人と仕事のヒント – ansible http://www.ansibleworks.com 】

 

関連記事を見る

>もっと見る