転職お役立ち情報

保育士の転職回数って不利になりますか?

313秒で読めます

保育士として働きたいけど、環境がツライという保育士さんはたくさんいます。
環境を改善しようと思っても、保育園全体をたった一人で変えるのは不可能ですよね。

そこで、選択肢の一つとして出てくるのが「転職」です。

全く違う職種に行く人もいますし、保育園を変える人もいます。
この転職回数ってやはり、転職するには不利になってしまうんでしょうか?

保育士の転職回数が多いと不利?

一度、就職すると定年までそこで勤め上げること!が美徳とされてきた時代は終わりました。
しかしそれでも、転職をする=飽きっぽいというイメージを与えてしまうことは否めません。

一度の転職ならそこまで影響しないかもしれません。
でも、歳も若く、転職を2度、3度と繰り返している人は、もしかしたら転職できにくい状況になるかもしれませんね。

転職の回数が多いと、再就職に不利になるというのは、保育士に限った事ではありません。
一般企業でも、転職回数は平均で2~3回だそうです。

なので、4回以上転職を繰り返しているというのは「書類選考」の時点で不採用になるという場合も少なくないんですね。

面接悩む女イラスト

面接でも、転職の理由を聞かれるのは、常です

書類選考をパスし、いよいよ面接となります。
ここでは、必ず履歴書に沿った質問をされます。

そこで、職歴をみて、転職しているとなると必ずここを聞かれることになるんです。

転職の理由は何か?ということも重要です。
しかしそれ以上に短期間で何度も転職していないか?というのもポイントになります。

何故、ここを面接官が重要だと思うのでしょうか?
それは、採用した後、また短期間で辞められるのではないか?と不安に思うからです。

面接官は、保育士の転職ではとにかく「即戦力」を求めます。
保育士としての経験がどの程度あり、すぐにでも「即戦力」になる人材を望んでいるのです。

そこで、もし、転職の理由が「職場内いじめ」であっても、その理由を伝えるのはマイナスになる場合もあります。
なぜなら、いくらあなたに非がなくても、人間関係をうまく築けず、今度の職場でもトラブルメーカーになるのではないか?という心配があるからです。

職場を変えたい!と転職することは悪いことではありません。
保育士の転職は、就職率も高いので比較的簡単に転職できます。

しかし、何度も転職を繰り返すというのは、自分で自分の価値を下げることにもつながるのです。
よりよい職場環境を目指して転職したのに、条件が悪くなった、という実例もあります。

転職の時期なども十分に考えて行うことが必要ですね。

転職回数を少なくするなら

転職をしたいほどつらいけど、転職回数が増えるから今は我慢・・・となると、保育士を続けることがつらくなってしまいますし本末転倒です。
今の職場がどうしても、我慢できない!となると転職した方がいいです。

しかし、折角見つけた次の職場でも、環境が良くない、という事態は避けたいですよね。
できれば、転職回数は少なくして、充実した保育士生活を送りたいものです。

1つの保育園に長く勤めることができれば、転職回数も抑えられますし、昇給などのチャンスも多くなります。また、新しい環境に馴染もうと、気疲れすることもありません。

こういった時に便利になってくるのは、保育士の転職サイトではないでしょうか?

数多くの採用情報からあなたの条件にあったものを選んでくれます。
そうすることで、職場選びの失敗も少なくなってくると思いますよ。

 

著者:秋田県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士の転職情報 – cpjudo http://www.cpjudo.com 】

 

関連記事を見る

>もっと見る