転職お役立ち情報

保育士さんの帰宅時間はどのくらい?

254秒で読めます

保育士って子どもを預かって子どもの面倒をみるだけの職業だと思っていませんか?
基本的にはそうですが、それだけをしておけばいい、という職業ではありません。

書類に、製作物の準備に、保育室の環境整備など、しなくてはいけないことは盛りだくさんなんです。

帰宅時間も遅いですし、帰宅してからもプライベートとの境目があいまいな職業なんです。

保育士の帰宅時間はどのくらい?

保育園の勤務体系にもよります。
でも、基本的に保育士さんは朝早くから出勤する当番と、夕方遅くまで子どもを預かる当番とがあります。

これの繰り返しになるんです。

一般的な保育園では、朝は7時から開いていて、夜は7時までというところが多いのです。
働くお母さんの代わりを務めますので、一般企業の就業時間までという保育園が多いですね。

なので、保育士さんの帰宅時間はこれよりも遅くなります。

当番じゃなければもっと早く帰れるんじゃないの?と思うかもしれません。
確かに、子どもを預かる時間は5時からは当番の先生に任せるので、早いです。

でも、子どもを任したあとも、保育士さんの仕事というのは終わりません。
この時に、保育時間中ではできない書類の整理や、製作物の準備、明日の保育の準備などをしなくてはいけないのです。

更には、子どもたちが使うトイレの掃除も保育士さんの仕事です。
色んな子どもがいますので、トイレを綺麗に使う子どもばかりではありません。

こういった雑務によって、時間はどんどんなくなるんですね。

保育士さんの平均帰宅時間は大体、19時台です。
これより早く帰れるという保育士さんは稀なようですね。
夜の帰宅イラスト

保育士の理想帰宅時間はいつ?

保育士さん、全員がこの帰宅時間に満足しているのか?というと、もちろんそうではありません。
保育士さんにもそれぞれ家庭環境があります。

自分の家族を持っている人。
独身の人、様々です。

そこで、アンケートをとってみると、理想の帰宅時間は18時以前という人が最も多く、全体の半数以上になりました。

誰だって、仕事を早く終えて家に帰りたいと思うものですよね。

 

保育士は楽な仕事では決してありません

一般的なイメージは子どもの面倒をみて、一緒に遊んでいればいいだけの仕事、と思われるかもしれません。
しかし、保育士というのは決して楽な仕事ではないんですよ。

保育の現場では体力勝負です。
帰宅してからもプライベートと仕事の境目があいまいで、ずっと仕事に拘束されている感覚になる人もいます。

ストレスのたまりやすい仕事です。
そして、月給も他の仕事に比べると低いです。

こういったマイナスイメージのある保育士という仕事に、それでも就きたい!と思うのはなんででしょうか?

それは、全て自分がしたことに対する達成感が、毎日目に見えるというところにあるんです。
子どもの笑顔であったり、保護者からの感謝の言葉であったり、それは様々です。

しかし他の職種では決して味わうことのできないような満足感がここには存在するんです。
素晴らしい経験と共に、保育士という仕事を楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

著者:群馬県 20代女性 保育士
【寄稿元/出典:保育士の悩み http://www.geistesgeschichte.net 】

関連記事を見る

>もっと見る