転職お役立ち情報

公立保育園と、私立保育園。保育士求人のお給料は違うの?

318秒で読めます

毎年、待機児童が増え続け、慢性的な保育士の人材不足については深刻な問題になっています。
そこで、保育園の求人情報もすごく熱いですよね。

同じ保育士さんでも、公立保育園と私立保育園ではお給料に格差はあるんでしょうか?
就職してからでは、後悔しても遅いですよね。

ということで、早速詳しくご紹介していきましょう。

保育園の給料の違い

公立保育園と私立保育園のお給料の違うところ

保育士さんのお給料はいつも低く、毎年賃金アップが叫ばれています。
そうしないと、離職率が高いからです。

そこで、一体いくらぐらい貰えるのかというと、初任給では格差はほとんどなく、額面で16万円~17万円です。

公立保育園は、地方公務員と同じ扱いになります。
しかし、私立保育園はその保育園を運営している経営者さんからお給料を頂くことになるんです。

同じ保育士でも、こういったところで違いが出てくるんですね。

他にも、公立保育園で働くと、各種公務員の手当などが適用されますので、安定した職業環境で働くことができるんです。

公立保育園は年々昇給がある!

公立保育園に勤めると、勤務年数に応じてお給料はUPしていきます。
育児休暇をとっている年数は加算されませんが、それでも毎年いくらかの昇給があるんですね。

基本給が上がると、その年のボーナスも変わってきますから、年収も順々に高くなるんです。
なので、公立保育園の保育士さんの離職率は低く、平均年齢が上がって行く、といったところが問題になっていたりもします。

では、私立保育園ではどうなのか?というと、昇給はほとんどないと考えた方がいいでしょう。
昇給制度があっても、30歳くらいになるとぴたりと昇給がとまってしまう、ということもあります。

その保育園の運営方針によって変わってきますが、ほとんどの園では、何年働いても初任給とほとんど同じになってくるんです。
私立保育園への就職を考えている人は、昇給制度の内容やお給料があがる「きっかけ」、30代、40代の保育士の年収は大体いくら位なのか、ということもしっかりリサーチしておきましょう。

給料や手当で考えると、公立保育園の方が人気?

手取りの金額などはほとんど変わりがないと言ってもいい保育士さんの給料ですが、それでもやはり公立保育園の方が安定した職種、と言えます。
しかし、公立保育園に勤務するとなると、転勤も考えておかなくてはなりません。

そして、就職し、昇給していくと、ゆくゆくは副園長を任されたり、園長に就任したりといったこともあるのです。
とても責任の重く、時には自分の家庭を大切にできない時もあるかもしれませんね。

また、公立保育園は地方公務員の試験を受けて合格しないとなれません。
正社員で働く、というのは狭き門になっているのかもしれませんね。

流れが変わりつつある私立保育園

ここまで読むと、公立保育園に興味を持つ保育士さんが多いと思います。

しかし、最近の保育士不足を受けて、どこの保育園も保育士確保に乗り出してきています。その結果、ここ最近で急激に保育士の月給の水準が上がってきているのです。
何年か前は夢のようだった「新卒でも初任給20万円超え」という求人が、ちらほらと見受けられます。

求人をしっかりと吟味すれば、公立保育園なみのお給料をもらえる私立保育園で勤務することも可能、というわけです。

まとめ

公立、私立に関わらず、保育士という仕事は毎日子どもたちから、色んなものを受け取っていく仕事です。
大変な面ももちろんありますが、それ以上にやりがいを感じられる仕事でもあるんですよ。

元気出していきましょう^^

 

著者:茨城県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人の月収条件 – binews http://binews.org 】

 

関連記事を見る

>もっと見る