転職お役立ち情報

【これだけ?と思ったら他の求人を】低賃金の要因。保育士の離職率が高い原因の「残業」

228秒で読めます

保育士を離職したくないけど…

“保育士不足”が、社会問題のひとつとして大きくクローズアップされるようになりました。保育士の資格を取得する人が多い反面、いざ保育士として働いても辞めてしまうという、離職率の高さに大きな原因を求めることができます。せっかく保育士を志して、保育士資格試験に合格したからといって、それでもなお就職先の選択に悩み続ける方が少なくありません。

残業に悩む保育士そこで今回は、「保育士の離職率が高い意外な理由」と「ブラック保育園の見分け方」をご紹介していきましょう。

「子どもの健やかな人格形成を支援する」のが、保育士の仕事の尊いところですね。職場環境として人間関係のよさ、福利厚生の充実などが整っている就職先さえ見つけられたら、きっとやりがいのある保育士生活が待っていることでしょう。

自分にあった職場環境のなかで、保育士として元気に楽しく勤められるように、理想の就職先選びを進めていくためにも、まずは失敗事例にこそ目を向けてみることが大切です。多くの失敗事例をしることが、必ずや就職先選びに役立ちます!ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか!

保育士の離職率が高い意外な理由No.1!サービス残業の多さ

「サービス残業は当然のこと」という風潮が、残念ながら保育業界では根強く残っています。所定の勤務時間は、子どもを預かるための「保育園」として勤務時間と考えられる傾向があります。もちろん、保育士の仕事内容は、クラスの掃除や事務作業、さらには行事や製作物を準備するなど、「保育園=子どもたちと活動する仕事」のほかにも、多種多様な「子どもたちの活動を支えるための業務」があります。とはいえ、「子どもたちの活動を支えるための業務」にかんしては、すべてサービス残業で対応する以外にないという保育園が少なくありません。保育士を離職した方のなかでも、サービス残業の多さに不満が溜まり、離職を決意したという声も珍しくありません。

まとめ

勤めやすい環境を見つけるためには、以前そこで保育士として勤めていた人がなぜ保育士を辞めてしまったのか、何を理由として離職するにいたったの か、その理由をあらかじめ知っておくことが重要です。これらの理由を就職・転職活動中までに確認しておくことで、自分のワークライフバランスにあった職場 に出会う確率を少しでも上げたいところです。

それにあわせて知っておきたいことが、「ブラック保育園の見分け方」です。“勤め先の見分けが できる”ことは、それだけでも自分と勤め先の相性がいいか同課の判断ができるということにつながります。つまり、せっかく就職してもすぐに挫折したり、さ らには離職したりするリスクを、あらかじめ減らすことにもなるのです。

 

著者:茨城県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人の月収条件 – binews http://binews.org 】

 

関連記事を見る

>もっと見る