転職お役立ち情報

その求人、住宅手当はついてる?見ておきたい保育士の手当て

228秒で読めます

保育士の給料は、総額で18万円程度はあっても保険等で引かれてしまうと手取り額は15万円程度になってしまうこともあります。そうすると、ひとり暮らしで家賃が必要な保育士さんにとっては、かなり厳しいものとなります。

勤める保育園の給料にきちんと住宅手当がついているかどうかは、就職を決めるときにとても大切な項目となります。

保育士の辛い現実

保育士の給料、住宅手当はついている?

保育士の場合、通勤手当はついているというところが多いですが、住宅手当はつく保育園とつかない保育園があります。そのため、通勤に便利と考えて保育園の徒歩圏内に引越ししてくると余計に給料が減ってしまうということも考えられます。

また、自宅から出て給料のよい地域で就職する場合も、場合によっては地元より給料の総額はよくても、結局、家賃を払うとお金がほとんど残らないということもあり得るので注意が必要です。

他にも住宅手当は、基本的には単身者を対象としていることがほとんどなので、今までは独身で住宅手当をもらっていても結婚をすると、その月から住宅手当がなくなって給料が減ってしまったということもあります。

家賃が必要となる場合は、住宅手当の有無やその対象をきちんと確認をして就職を決めることが大切です。

住宅手当はどれくらいもらえるの?金額は?

保育士の住宅手当

では、住宅手当はどれくらいもらえるのでしょうか。通常、単身者用のワンルームのマンションだと地域にもよりますが6万円~8万円程度が相場ですが、その全てを住宅手当てでもらえるわけではありません。

また、住宅手当がつくところでも住宅補助という形で3000円~5000円程度の補助しかつかない保育園もありますが、平均的には、住宅手当がある場合は1万円~2万円程度の補助があるところが多いようです。

いずれにせよ、保育園によって差があるので募集要項に詳しく書かれていない場合は、確認をしておくことが大切です。

比較的、夜間遅くまで勤務がある保育園や夜勤がある保育園は住宅手当がついているところが多いですし、社員寮があるところもあるので考慮してみてもよいでしょう。

まとめ

住宅手当は、1人暮らしの保育士さんにとっては有難い制度であり、ないと困るものでもあります。住宅手当がない場合は、家賃の値段によっては生活がしんどくなってしまうケースも出てくるので必ず確認しておきたい手当ての一つといえます。

特に、実家を離れて都市部で就職する場合は、家賃がとても高いところもあります。女性保育士の場合は、家賃が安ければどこでも住んでいいというわけではないので、給料の金額だけでなく生活費も含めてどれくらい必要か計算をして就職を決めるようにしましょう。

 

著者:茨城県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人の月収条件 – binews http://binews.org 】

 

関連記事を見る

>もっと見る