【最新版】保育士のための住宅手当・家賃補助の総まとめ!

553秒で読めます

553秒で読めます

保育士の給料は、総額で18万円程度はあっても保険等で引かれてしまうと手取り額は15万円程度になってしまうこともあります。そうすると、ひとり暮らしで家賃が必要な保育士さんにとっては、かなり厳しいものとなります。

勤める保育園の給料にきちんと住宅手当がついているかどうかは、就職を決めるときにとても大切な項目となります。

電話と日本円

住宅手当とは?

保育士を雇う企業や運営団体が、施設で働いてくれる保育士のために提供してくれる補助が家賃手当です。

種類がいろいろとあり、家賃の一部を負担してくれる園があれば、住居を丸ごと提供してくれる園もあります!

住宅手当と家賃補助は一緒?

保育園や幼稚園の福利厚生についてみると、『住宅手当』と『家賃補助』といったように、表記が異なることがあります。

表現は違うものの、使われる意味としては変わりません。

どちらも『住宅に関するサポート』といった意味でとらえて問題ないそうです。

どこから貰えるの?

住宅手当を提供してくれるのは、主に運営元と自治体の2つです。

園や園の運営元が福利厚生として提供している手当や、園のある地域の自治体からの支援金があります。

一人暮らしじゃないと手当は貰えないの?

同棲や結婚などで一人暮らしをしていない保育士の方によくあるのがこの問題。

基本的には、一人暮らしでなくても住宅手当や家賃補助はもらえる園がほとんどです。

ただし注意してほしいのは、もらえるのはあくまで一人分ということです。

2人で住んでいるからといって、もらえる住宅手当が2倍になることはありません。

さらに同居人が住宅手当を受けている場合は、自分はもらえないこともあります。

また、園によっては『単身者の場合のみ支給』といった条件もあることのに注意してください。

実際にいくら住宅手当がもらえるかは、自分の住宅手当の条件をきちんと確認しましょう。

住宅手当の種類は何があるの?

一口に住宅手当といっても、サポートの方法にはいくつかの種類があります。

代表的な住宅手当をいくつかご紹介します!

家賃補助

その名の通り、保育士を雇う園の方で保育士の家賃をサポートする補助制度です。

この家賃補助、保育士がどこに住んでいるかによってもらえる補助金額が変わるので、注意が必要です。

  1. 社宅に対する家賃補助…基本的な支払い主は園の運営元で、運営元が支払う家賃の一部を払います。
  2. 保育士が借りた賃貸に対する家賃補助…基本的に保育士が支払う家賃を、運営元が一部負担します。

住んでいる場所が社宅の場合、基本的な支払い手は園の運営元であり、保育士は税分を支払う必要はありません。

反対に保育士が借りている賃貸への家賃補助の場合、補助金に対して所得税がかかるため、提示された金額よりも低い金額となります。

入職後にトラブルのないように、違いははっきりとしておきましょう☆

毎月の住宅手当

毎月保育士にたいして一定額の住宅手当を支払う園もあります。

金額は園によってことなるため、自分の希望に合う手当を毎月支給してくれる園を見つけましょう。

借り上げ社宅制度

園や運営元が契約しているアパートやマンションに住むことができる制度です。

部屋の家賃のうちの大半を運営元が支払うところが多く、保育士の負担はほとんど少ないです。

住み始めるときも運営元が負担するため、初期費用や更新料もかかりません。

お金の負担が非常に少ない反面、自分で物件を選べないというデメリットもあります。

自治体による住宅支援事業

保育園やその運営元ではなく、園がある地域の自治体が提供している住宅支援制度があります。

保育士不足が問題となっているなか、保育士として働いてくれる人数を増やすためにこのような制度を設ける地域が増えてきています。

特に主要都市部において、豊富な住宅支援をしているところが多いです。

デメリットとしては、自治体のあるエリアに住んでいるか、保育士としての勤務年数など、自治体によって支援を受けられる条件がさまざまにあるという点です。

自分が働きたい場所の自治体の条件はきちんと確認しましょう!

保育士の給料、住宅手当はついている?

保育士の場合、住宅手当はつく保育園とつかない保育園があります。

通勤に便利と考えて保育園の近くに引越しすると、余計に負担が増えてしまうこともあります。

実家をはなれて給料のいい場所ではたらく場合も、家賃を払うとお金がほとんど残らないこともあり得るので注意が必要です。

家賃の負担額と自分がもらえる給料のバランスをきちんと考えたうえで、計画的に就職活動をしましょう。

住宅手当はどれくらいもらえるの?金額は?

通常、住宅手当はどれくらいもらえるのでしょうか。

平均的には、住宅手当がある場合は1万円~2万円程度の補助があるところが多いようです。

単身者用のワンルームマンションの場合、6万円~8万円程度が平均となっています。

その一方で、住宅補助という形で3000円~5000円程度の補助しかつかない保育園もあります。

いずれにせよ、保育園によって差があるので、募集要項に詳しく書かれていない場合は確認することが大切です。

比較的、夜間遅くまで勤務がある保育園や夜勤がある保育園は住宅手当がついているところが多いですし、社員寮があるところもあるので考慮してみてもいいかもしれません。

まとめ

住宅手当は、1人暮らしの保育士さんにとってはありがたい制度であり、ないと困るものでもあります。

特に、実家を離れて都市部で就職する場合は、家賃がとても高いところもあります。

給料の金額だけでなく、生活費も含め月にどれくらい必要か計算をして就職を考えましょう!

著者:茨城県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人の月収条件

NEW!6/28 追記更新!神奈川、大阪の自治体が提供する住宅補助とは?

こちらの記事では、神奈川県・大阪府が提供する、保育士のための補助金についてまとめています!

それぞれの府県や各市の支援制度について知りたい方は、ぜひ参考にしてください!

ほかの都道府県についてもどんどん更新していきます☆

【神奈川】保育士に関する自治体の支援・補助金まとめ!

【大阪】保育士に関する自治体の支援・補助金まとめ!

住宅手当が充実した園で働きたい方は…?

ここまで読まれた方は、住宅手当のポイントについてばっちり分かっているかと思います!

一見するともらえる給料が低くても、住宅手当が充実していることで高給のお仕事よりもお金に余裕のある保育士ライフを送ることも夢ではありません♪

生活費の大きな要因である家賃を上手にやりくりするためにも、好条件の住宅手当のある求人を探しましょう!

カテゴリを選択する