転職お役立ち情報

保育士求人の月収や月給、都会ほど給料がよい?!

217秒で読めます

どんな職業でも都会にいくほど給料はよい傾向にありますが、保育士も地域ほど月給が低くなる傾向があるようです。

都会で働く場合と地域で働く場合とでは、月給や月収にどれくらいの違いがあるのでしょうか。都市部とその他の地域の保育士の平均的な月給を見ておきましょう。

全国の保育士の平均月収・月給は?

保育士の給料

全国の保育士の平均月収は、基本給が16万~17万円程度、調整手当てが5000円~1万円程度で合計は18万円程度です。この給料から各種保険料が天引きされると、毎月の手取り額は15万円程度というところが多く、保育士の給料は良いとはいえないのが現状です。

公立保育園の場合は、平均的な基本給は私立保育園とさほど変わりはありませんが、資格手当てや住宅手当など、基本給にプラスされる手当てが充実していることや、毎年の昇給額が比較的よいところが多いため給料はやや高めであることが多いです。また、福利厚生も充実しているため、働きやすいと感じる保育士さんも多いようです。

保育園の平均月収や月給に地域差はどれくらいある?

死にたい保育士

では、都市部と他の地域で働く保育士の給料にはどれくらいの差があるのでしょうか。都市部の保育園の平均的な月給は18万円~20万円程度で、保育園によっては、22万~25万円程度あるところもあります。

一方、地域で働く保育士の平均的な給料は、全国の保育士の平均よりもやや少なく15万~16万というところも多く、やはり地域差は大きいといえます。

ただし、給料がよい都市部の月給の内訳を見てみると、月給18万円~20万円の内、基本給は15万円~16万円程度と全国平均かそれ以下ですが、休日手当てや超過勤手当てなど手当てを充実させて給料を上げているという保育園もあります。

また、都市部では、長時間保育や夜間保育を取り入れている保育園も多いので、交代制ではありますが、20時前後まで勤務がある保育園や病院内保育園では朝までの勤務や22時頃まで勤務があるところもあります。

給料だけでなく労働条件を見ることが大切

都市部とその他の地域の保育園の給料差を見てみると、確かに都市部の方が月給は良い傾向にありますが、保育園によっては基本給がとても低いところや夜間勤務が多いところもあります。

家族や育児中の保育士にとっては、夜間勤務は厳しいことも多いで、働きやすさは給料の良し悪しだけで見るのではなく労働条件や休日日数、福利厚生なども含め総合的にみる必要があるといえますね。

 

著者:茨城県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人の月収条件 – binews http://binews.org 】

 

関連記事を見る

>もっと見る