転職お役立ち情報

【求人相場】保育士の収入や平均年収はどれくらい?

227秒で読めます

最近は、保育士不足が問題となっていますが、その原因に保育士の待遇の悪さがあるといわれています。

保育士は、子どもの生命を預かるという重い責任がある上に、毎日の保育業務や年間行事の練習や準備など体力的にもかなり重労働ですが、給料面でそれに見合うだけの待遇を得られていないという現状があるようです。

保育士の給料の実際はどうなのでしょうか。

保育士の給料の相場

私立保育園の場合の給料は?

厚生労働省の調査によると保育士の平均給料額は、月収が22万円、年収が317万(ボーナス57万)と出ています。

この数字は公立と私立を合わせたものであり、かつ勤続年数が10年以上の保育士も含まれるので、実際に私立保育園で働く新人保育士がもらえる給料というわけではありません。

私立保育園で働く場合、地域や個々の保育園によっても給料は変わりますが、平均的な初任給は基本給が16万~17万円程度、それに調整手当てなどが1万円程度ついて総額17万~18万円程度となります。

この給料から各種保険料が引かれるので、実際にもらえる給料は14万~15万円程度ということになります。

もちろん、勤続年数が上がれば昇給もしていきますが、それでも多くの保育園で働く20代の保育士さんの平均的な給料は、月18万円~19万円程度で手取りは15万~16万程度となります。この状況を見ると給料が良いとはいえませんね。

また、保育園によっては基本給が14万~15万程度しかないところもあり、手取りにすると13万円前後になってしまう場合もあります。就職するときは、給料がいくらもらえるかはしっかり見ておく必要があるでしょう。

ボーナスは保育園によっても差がありますが、全くないというところは少ないです。平均すると、基本給の4か月分程度はもらえるので55万円~70万円は年間(夏、冬)にもらうことができます。

これらを合わせると、私立保育園の平均的な月収は16万~18万円程度、平均年収は250万~300万円程度となります。

公立保育園の場合の給料は?

公立保育園の給料は地方公務員と同じ扱いですが、基本的に公立保育園も私立保育園の給料と大きな差はなく、平均月収は17万円程度、ボーナスは基本給の4か月~4.5か月程度で平均年収は300万円前後となります。

ですが、なんといっても公立保育園の魅力は、安定して給料がもらえるところと確実に昇給があるというところです。また、産休や育休などの福利厚生も充実しているため、長く勤められるところも魅力です。

そのため、勤続年数が20年以上になるベテラン保育士だと平均年収は20代の保育士の2倍以上になるというケースもあるのです。

 

著者:茨城県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士求人の月収条件 – binews http://binews.org 】

 

関連記事を見る

>もっと見る