転職お役立ち情報

保育士求人の給料水準に関する厚生労働省の動き(2)

237秒で読めます

何故保育士の給料はいつまでも上がらないのか?

前回は、保育士の給料をあげるための厚生労働省の取り組みをご紹介しました。(>>>保育士の給料に関する厚生労働省の動き(1)

何故国をあげてここまで対策を考えているのに、給料が上がらないのでしょうか?

園児

園児

保育士の給料に関する厚生労働省の動き

それは保育園の財源が大きく関係しています。

認可保育施設の場合、主な財源は公的な補助金と保護者からの保育料です。

補助金と言うのは税金からできていますので、過大に引き上げることは難しいとされています。

更に、保育料の方を引き上げようとすると保護者からの反対にあうということもあり、あげにくいのです。

また保育料は「公定価格」で決まっているので、事業者が勝手にあげるのも難しいと言われています。

保育園に届く財源が増えませんので、保育士の給料も上がりにくいんですね。

補助金を全て保育士の給料に使えればいいのですが、保育園側もそう言ったことには回せません。

なぜなら施設の維持費や、光熱費などもこの補助金から賄っているからです。

更に社会福祉法人になると営利目的での運営はできませんので、利益は上がりにくくなっています。

こういった状況があるので、保育士の給料はいつまで経っても低賃金なのですね。

保育士の給料は今後どうなる?

厚生労働省が発表した計画によると平成29年度までに約40万人の保育の受け皿を確保するために、平均で5%改善するとしています。

最近では株式会社もどんどん参入し、給料改善に取り組んでいる会社もあります。

民間企業が保育に参入してくれたことで、相乗効果をもたらし、保育士の給料改善にも期待が持てますね。

実際に、保育士さんに聞いてみたところ、賃金アップに期待する金額は7万円以上ということです。

確かに今のお給料が月7万円プラスされると、潜在保育士の数も減るでしょうし、離職率も低くなることでしょう。

保育の仕事と言うのはやりがいも負担も大きい仕事です。
残業や持ち帰りの仕事もあります。

そういった負担に見合う給料を貰えるようになれば、ここまで問題として大きくはならなかったことでしょう。

厚生労働省は、保育士に対する対策を考えてはいますが、やはり後手後手に回っている印象もあります。

賃金アップのために出来ることは

今の職場で賃金アップが見込めないかもしれない!という場合は、転職を考えてみるのもいいでしょう。

求人情報を見ていると、株式会社の保育園のお給料は比較的高水準にあります。

あなたの求めている求人と言うものがたくさんありますよ。

我慢しながら働くのはやめて、転職して心機一転がんばる!というのも素晴らしい選択です。

寄稿元:保育の制度・政策まとめ - http://www.faveup.com

関連記事を見る

>もっと見る