転職お役立ち情報

保育士が面接で話す長所と短所であなたのイメージを良いものに

340秒で読めます

自分の長所と短所を説明するのはなかなか難しいですよね。突然、説明して下さいと言われても、パッとはなかなか答えられません。

仮に自分の長所と短所を理解していても、それを言葉にして説明すると、相手の捉えら方によっては相手にマイナスのイメージを植え付けてしまうことも少なくありません。

面接官はあなたの長所短所を聞き、適材かを見分けようとします。

では面接官に良い印象を持ってもらえるような長所と短所の説明はどういったものなのでしょうか。

面接

面接

長所と短所は性格の一端である

面接で答えるのだからと必要以上に良くみせようと背伸びをしたりすることは必要ありません。長所と短所はどちらもあなたの性格の一つです。
面接官はあなたのことを知らないのですから、自分を相手へ紹介するつもりで説明することがまずは大切です。

長所より短所を知りたい

誰にでも良いところ、悪いところはあります。保育士だからといてあなたに対して御仏であることを試験管は望んでいません。面接で長所と短所を聞くのは、自分の短所を理解した上でどう行動しているのかを知りたいのです。
ですから説明する時は長所を良く言うだけでなく、短所を自分なりにフォローしていることをアピール出来ることが望ましいでしょう。

保育所の方針に沿える人材か見たい

面接ではあなたが保育所の方針に適しているかを見ています。保育所も様々な特徴を持っていますので、あなたの性格がその特徴に適しているのか適していないかを判断する材料として性格は重要視するポイントとなります。

自分を客観的に見ているか

長所と短所を仕事(保育)にどう生かせるのかを面接官は見ています。自分を客観的に見て、長所と短所をしっかり自己分析が出来ないと仕事で必要な冷静な判断は出来ません。
これは保育に限らず一般的な企業であっても自分を客観的に判断できることが望ましいことですから、客観的に見てどうなのかをしっかり説明出来ると良いですよ。

設問に対する回答例

返答例:短所を聞かれた場合

私の短所はせっかちなところです。

しかし早く動くためには前もって準備を万端にするよう心掛けていますから、子どもたちをせかすことのないように常に気を付けています。

せっかちはなんでも早くやろうとすることで失敗を引き起こしてしまいがちですが、私は常に確認と丁寧さを忘れないようにし、仕事でのミスをしないように心がけています。

返答例:長所を聞かれた場合

私の長所は「誰とでも明るく話せる」ことです。

悩みを抱えても、一人で落ち込むことはほとんどなく、家族や友人に打ち明けることで気持ちが前向きになり、悩みそのものを吹き飛ばしてしまえることがあります。

それは仕事でも同じで、同僚には例え小さなことでも相談を欠かしません。

そのおかげで、常にスムーズな業務がこなせています。

返答例:長所と短所を合わせて答える

私の短所は「自分の意思をなかなか相手に伝えられない」ところです。

人見知りをしてしまうことがあるので、特に初めての相手にはどう話しかけたらいいのか戸惑ってしまうことがあります。

しかし長所は「相手の話をしっかり聞ける」ことです。人見知りがあるので、慣れるまではなかなか自分の意思をはっきり伝えることは出来ませんが、その分しっかり相手の話を聞くことを心がけています。

話を聞くことで徐々に相手に慣れていくので、結果として自分からも話が出来るようになっています。

著者

神奈川で保育士をしています。

保育士歴ももうだいぶつもってきました。転職を何回か経験しているので、面接でよく聞かれることとかはかなり詳しいほうかと思います。

保育士さんの面接で役立つような情報を発信していきますね。

まとめ

いかがでしたか?

長所と短所と言われるとつい深く考えてしまいますが、自分の性格を分析したうえで仕事への意気込みを絡められると面接官の印象が良いですよ。

また短所であっても決してネガティブにはとらえず、ポジティブに考えて、それをしっかり面接で説明することが出来れば大丈夫です。

関連記事を見る

>もっと見る