転職お役立ち情報

子どもの言葉遣いを直す保育士の言葉がけ

240秒で読めます

保育士として仕事をしていると、先輩などから「もっと子どもたちに言葉がけをしてくださいね」と指導されたこともあるのではないでしょうか?

言葉がけとは、そのなのとおり子どもたちに言葉をかけることです。

といわれても、一体何を話せばいいのか、と迷ってしまう人もいますよね。今日は、そんな「言葉がけ」のポイントについてまとめてみました。

子どもの言葉遣いを直す言葉がけ

子どもの言葉遣いを直す言葉がけ

言葉がけのポイントは

言葉がけ、というと、自分が話すことばかりに意識をしていませんか?
保育士の言葉がけの多くは子供との対話の中にあります。

私も、保育に臨む前に、「今日はこんな言葉がけをしよう!」なんて思って保育室に入ったことは一度もありません。
それはどんなにシミュレーションをしてみても、子供と言うのは思いがけない事をするからです。

決して台本通りには行かないのです。

しっかりと話を聞くこと

そこで重要になってくるのは子供の話をしっかりと最後まで聞くということです。
子供が話しかけていることを、話半分に聞いていては子供が話し終えた後の言葉がけでいい反応を示せれません。

例えば、子供が家庭での出来事を一生懸命話し始めたとします。
大好きな先生に家庭で、自分が心を動かしたことを話すのです。

少し興奮気味になるかもしれません。
そんな時、あなたはどうしていますか?

立ったまま話を聞きますか?
ここでは子供の視線に合わせましょう。

何故?と思った人は一度子供の背の高さを経験してみましょう。
自分が話しかけている時に、見下ろされながら話すというのは決して気分のいいことではありません。

膝を折り、子供の話に耳を傾けるようにしましょう。
そして最後の言葉がけです。

話の内容にもよりますが、こういった場合、ほとんどが「すごいね」と認めてほしい場合です。
そこで子供に思った通り「すごいね。」と伝えたり「良かったね。」と伝えましょう。

言葉の内容にも気をつけて

ここで気をつけてほしいのは、過剰に「うわ~すごい!」と言ったり、変に赤ちゃん言葉で「しゅごいでしゅね~。」と言うのはやめましょう。
子供にしても、なんとなく嫌な気分になってしまったり、自分の話しをきちんと聞いてくれていないと感じてしまうからです。

また、言葉がけは子どもたちにとって言葉の学習の大切な機会です。
自分にむかって話してもらった「良い意味の言葉」は、子どもたちの印象に強く残り、語彙力を増やしていくことにつながります。

ちょっとむずかしいな、という言葉は、「これはこういう意味なんだよ」「こういうときに使うんだよ」という説明も伝えてあげるようにしましょう。

「先生は~~ちゃんのこと、こういうふうにすごいなって思うから、●●って言うんだよ」と伝えるのがおすすめです。(寄稿元:保育士の子どもとの接し方テクニック – http://www.tubudol.com/)

関連記事を見る

>もっと見る