転職お役立ち情報

不器用な保育士におススメの制作案

30秒で読めます

当サイトでは、『髪型のOKライン』から、園児との『接し方』まで、経験豊富なせんぱいがお仕事のPoint!を教えます。最近は保育士不足で魅力的な求人がたくさん。でも、新しい求人を見てみる前に、ちょっと手をとめてみてください^^今の仕事をぐんと楽にするコツがあるのかも?

さて、保育士というと制作なども器用に作れるイメージが強く、不器用な保育士さんはちょっと居心地が悪いのを隠せないのではないでしょうか。どんなに時間をかけてもうまくいかない…そんな不器用な保育士さんにおススメの制作案を紹介したいと思います。

〇こまごましたものは作らない

不器用な人ほど、壁面制作にしてもプレゼント制作にしても、こまごました作品に挑戦してしまうこと。実はこまごましたものこそ不器用な人だと雑さが際立ってしまいがち。おおざっぱに大胆に作ってしまった方が、案外見栄えもよくなります。季節の壁面制作も、メインをはっきり決め、それを大きく作ると子どもにも分かりやすくていいですよ。

折り鶴

折り鶴

〇折り紙を活用しよう

制作でアイデアを出せない人は、大きな色画用紙で折り紙をしてみるのはどうでしょう。犬や猫、最近は人気のキャラクターも折り紙で作れますよね。専用の折り紙でなくても、作ったら絵具で色を付けると十分それっぽくなります。

〇子どもに協力をしてもらう

どんなに小さな子どもでも作れる壁面は、手形足形を使ったものです。模造紙いっぱいにかわいい手形足形を使って絵を描くのは、年齢に関係なく出来るのでおススメです。レイアウトと配色を決めたら、あとは子どもにペタペタしてもらうだけ。手形足形は子どもも大好きですから、どんどん制作に取り入れてみて下さい。

〇作らない制作をしよう

型にはまらない、自由な発想で作れる制作におススメなのがコラージュです。これは年中~年長と大きな子にオススメ。コラージュは写真や読まない雑誌などから絵などを切り抜いて台紙などに好きに貼ることです。子どものアイデアに任せて作れるので、制作のアイデアを出すのが苦手な保育士向け。ただし作るときは季節やイベントなどきちんとテーマの選定をすることは忘れずに。

この記事を書いた筆者:東京都 20代後半 女性 保育士

何より、不器用な保育士さんは、自分の立ち位置を理解して、求人探しや転職活動をするのも苦手^^;

制作や園児との接し方は、おっとり・ゆっくりもOKですが、たまには将来・未来の事を考えて自分が通える地域の保育士の求人を探してみるのも悪くないですよ。

○色合いははっきりしたものを選ぶ

製作に欠かせない色紙の配色は、色合いのはっきりしたものを選んでみて下さい。特に壁面製作では大きく作るので、色合いがごちゃごちゃしてしまうよりは、すっきり見えますのでそれだけで見栄えUP。子どももはっきりした色の物の方が、何を作ってあるのか判断しやすいので、ホールなどに飾るものを作る場合は配色をしっかり決めてから制作してみて下さい。

いかがでしたか。不器用な人にありがちなのが、出来ないのを無理に頑張ってしまうこと。頑張らず、でも見栄え良く作るアイデアを活用して、子どもと遊ぶ時間を割くことがないようにしたいですね。(寄稿元:保育士が教えるお仕事のポイント – 求人サイトにない「今を楽しくする」コツ – http://www.scorecommunity.org)

関連記事を見る

>もっと見る