転職お役立ち情報

男性保育士を採用するメリットは

249秒で読めます

「なぜ辞めたいと思ったのですか?現場では大人気の男性保育士さんなのに…」

ひと昔前では女性の仕事という視点で、「保母さん」として定着していた保育士ですが、少しずつ保育士として活躍する男性が増えてきました。

保育という仕事に興味を持つ男性が、保育士を目指して学び、そして実際に保育現場で活躍されている姿を見ていると、とてもうれしく素晴らしいことだと感じます。

元々、保育士は「女性の職場」だったこともあり、女性しかいない環境特有の空気感やトラブルなどが少なからずあるものです。そのなかでも、仕事の場面で私情をはさんだり、公私を分けることができなかったりする保育士たちが多くいたような時代もあったのです。

男性保育士

メリットが多い男性保育士

そのため、「女性の職場」だった保育現場に、男性の保育士さんがひとりでも参加してくれるようになると、女性しかいない環境特有の空気感も自然と穏やかになり、保育園全体が好印象となっていきます。

なにより、子どもたちからすると、男性保育士はいつでも大人気なのです。

女性保育士にはやりたくてもなかなかできないような遊び、たとえば子どもたちを両腕にぶら下げて遊ぶようなことをしてくれます。また、家庭のなかで日々多忙なお父さんに思うように会えない子どもたちにとっては、安全が守られている保育現場で大人の男性と接する機会があることは、とても貴重な時間になるのです。

現実は採用が進まない

一方で、少しずつ男性保育士さんを保育現場で見かけるようになったとはいえ、それでも女性保育士の数と比べると、圧倒的に少ないというのが現実です。こうした保育士転職の支援サービスを見ても「男性」と限定した求人はかなりの少数派です。

就職できた保育園には、男性の保育士が自分だけだったという経験をもつ男性保育士は珍しくありません。

基本的に多くの女性が活躍している職場ですから、業務上のちょっとした疑問や相談は、すべて女性の保育士を相手にしていくことになるでしょう。そのため、もともと男性保育士がいる職場でないと就職したくない、と思う男性保育士が多いのです。

また、すでに男性保育士の勤務実績がある保育園のほうが、保護者からのクレーム対応や更衣室・お手洗いなどの施設の整備など、十分に用意がなされている場合が多いのです。採用したはいいけれど、足りないところやはじめてのトラブルでバタバタしているという保育園もあります。

1人目を採用したい、と思っている保育園にとっては、この点が採用が進まない理由です。

男性保育士を採用するときは

保育業界に関わらず、どのような職業であっても男女間には意識の差があるものです。たとえば、夫婦ひとつとって考えても、「父性」と「母性」はまったく別のものとしてとらえられ、交わることは難しいものでもあります。つまり、同じ保育現場にいながら、男性と女性では感覚が異なることが少なからずあるのです。どれだけ経験豊かな先輩の女性保育士に、現場での疑問や相談を持ち掛けても、ピンときていない表情を見せることがあるのは、男女間の意識の差によるものでしょう。

 

著者:東京都 30代男性 保育士
【寄稿元/出典: 保育士の制度・団体・用語 http://www.itkisyakai.org 】

 

関連記事を見る

>もっと見る