転職お役立ち情報

5月の保育にぴったりの製作と運動あそび

230秒で読めます

前回は5月の保育にピッタリの歌や遊びをご紹介しました。

今日は、制作と運動あそびについてご紹介します。母の日や端午の節句など、取り入れたいイベントの多い5月ですから、忘れずに取り入れて工夫ある保育をしましょう。

5月の保育

5月の保育におすすめの制作

季節の政策では「こいのぼり」などの端午の節句、「母の日」に関するお母さんへのプレゼントなどが良いでしょう。

こどもの日の制作

こいのぼりでは、子どもの手形を鱗に見立てて鯉を作ると、成長の記念品にもなります。

子どもたちをこいのぼりに見立て、壁面制作(床に置いて)をして写真で残すのもいいですよ。写真の背景となる絵をクラス全員で制作するのも楽しいですね。

母の日の制作

母の日では、お母さんへ日ごろ感謝を込めたプレゼントを制作しましょう。 似顔絵もいいですが、実際にお母さんに使ってもらえるものを作ると、もらった喜びは倍です。
小物入れや輪ゴムハンガー、折り紙コサージュのブローチなどもいいですよ。

子どもは大好きな人への贈り物作りが大好きですから、是非時間を多めに取って、全員が素敵なプレゼントを作れるようにしたいですね。

5月の保育におすすめの運動遊び

雨が降ることも少ない5月ですから、外で元気よく遊びましょう。
こちらの遊びは室内でも出来ますので、雨がふってしまったときの室内遊びでも使えますよ。

ボール遊び

お友達との関わりのきっかけを作る、ボールを使った遊びを取り入れてみましょう。 軽い、ボールを用意します。

子どもを一列に並べ、前の子から後ろの子へボールパスをします。

最初は自由にパスをします。ボールを持って渡すことになれたら、前を向いたまま、頭の上から渡します。次は足の間をくぐらせます。 この動作は体を伸ばす動作が伴います。

体のかたい子が多いと言われていますので、背筋を伸ばす、前屈の姿勢になれるボールパスは、体を動かせる良い運動です。

慣れてきたら。2列にしてボールパス競争をしましょう。
どうしたら、早くパスが出来るのか。子どもたち同士で作戦会議をする姿が見られることもあります。

次は2人組で手をつなぎ、ボールをつないだ手で挟み、落とさないようにゴールを目指します。

相手を変えて、ボールを2人で抱っこしながらゴールを目指します。 2人でボールをおんぶしてみるのもいいですよ。

最初はゴールすることを目指しますが、慣れてきたらチーム戦にしても楽しいですよ。 2人組は、いろんな相手と組むようにします。
そうすると、普段よく遊ぶ以外の子との関わりを持てます。相手によっては運動が得意・不得意の子もいます。
相手に合わせて動く、ということも、ペアを組むことで学べます。

どうしてもうまくいかない場合は、保育士が補助に入って下さい。

著者:福岡市 40代女性 保育士
【寄稿元/出典: 保育士が教える各月の保育ネタと求人の旬 】

関連記事を見る

>もっと見る