転職お役立ち情報

【次の求人への橋渡し】保育士の退職金事情。辞める時だって得したい!

233秒で読めます

前回は保育士さんの退職金についてご紹介しました。いかがでしたか?意外ともらえるんだ・・・と思った方もおおいのではないでしょうか?

では、退職金がもらえる方、というのはどんな条件があるのでしょうか?詳しくご紹介いたします。

公立保育園に勤務する保育士の退職金

保育士の退職金

 

公立保育園に勤務する保育士では、支給される勤務年数と同様、その支給額は条例によって定められています。退職日直前の給与月額を基準として、それに勤務年数や退職理由によって定められる率を乗算します。

総務省の「地方公務員 給与・定員等の調査結果等 給与等の比較(退職手当の支給状況 市区町村より)」によると、調査対象となった1,550市区町村では、保育士を含む一般職員の全退職者の退職手当平均支給額は、約1,800万円となっています。また、60歳定年での退職手当では、平均支給額は2,300万円となっています。

あらゆる面でよい待遇を受けられる公務員は、給与も退職金額も勤務年数に応じて上がっていくため、傾向として長く勤める人が多くなります。

私立保育園に勤務する保育士の退職金

保育士の退職金

 

私立保育園に勤務する保育士では、支給される退職金額がその園で定める「就業規則」により左右されます。先述した「退職手当共済制度」から支給されるケースでは、退職前6か月前の平均給与月額を基本として、勤務年数や退職理由によって定められる率を乗算します。

一方、共済制度に加入していない保育園もありますが、独自の退職金制度を設けているところがあります。また、退職金制度そのものが存在していない保育園も少なくありません。募集要項に「退職金制度あり」と明記されているかどうか、あらかじめ確認を忘れないようにしましょう。

 

どうせなら退職金をもらえる園探しをしたい

もし、勤めている保育園が、退職金を支給する園だとすれば、できるだけ多くもらえたらうれしいものですよね。一般的な退職金の計算では、「退職金=基本給×勤続年数×給付率」という計算方法が適用されています。そのため、長く勤められる環境かつ基本給が高い保育園が理想的になります。

とはいえ、これから入職したい保育園に対して、はじめから「退職金制度はありますか?」と伺うことには抵抗があり、「さすがに質問できない…」と感じる方もいらっしゃることでしょう。その場合は、転職サービスを活用することも、積極的に検討したい方法です。入職希望者が直接的に退職金を確認するよりも、コンサルタントに確認する方が、気軽に感じる人も多く、実際に活用する方が意外に多くいるのです。退職金制度に対していつまでもモヤモヤと悩んでいる方は、同じような悩みを持つ方をスッキリさせるこの方法を、ぜひ活用してみてください!

 

著者:東京都 30代女性 保育士
【寄稿元/出典: 保育士の求人・年収・待遇トーク http://www.g-mop.com 】

 

関連記事を見る

>もっと見る