元ダンサーなど、個性豊かな先輩たちが刺激的☆ポピンズのシンデレラ3カ月目

337秒で読めます

337秒で読めます

FINE!保育士と企業が組んで、がんばる保育士さんを支援する「シンデレラ保育士求人制度」(※条件を満たせば一定期間サポート金がもらえる!詳細はコチラ)。そこでめでたくシンデレラ採用された保育士さんから、おたよりが届きました★
保育の現場からの生の声をお届けします♪

シンデレラNo3.
mickeyさんからのおたより3
株式会社ポピンズの保育施設に入職

こんにちは!mickeyです!
むしむしとした日が続き、梅雨らしくなってきましたね。園ではかえるの歌を歌う機会が増えてきました。
今回は日々、お子様へのエデュケアに奮闘する私の仲間についてご紹介したいと思います。

某有名テーマパーク出身のダンサーの先輩も!

私の園には常勤の正規職員が17人います(栄養士を含む)。
またここにプラスして子育てサポーター(ポピンズ内での保育補助の方の呼び名)が10人弱います。乳児については2~3人担任制・幼児は1人担任制です。

私の働く園には多才な方が多くいらっしゃいます。
今回は特に特徴的な2人のスタッフを紹介したいと思います。

【5歳児担任 K先生】
K先生は以前、大阪の某有名テーマパークでダンサーとしてご活躍されていたそうです。ということもあり、ダンスがとっても上手!ラジオ体操一つとっても動作が綺麗でスタッフも見入ってしまうことがあります。
また、海外の方とのステージもあったとのことで英語も得意なんです。月に一回巡回してくれているバイリンガル講師とコミュニケーションを手伝ってもくれます。(私は英語が苦手なので・・・)
1カ月に一回、お誕生日会がありますが、そこではスタッフが得意なことをお子様に披露することがあり、K先生のダンスはお子様にも大人気です。
スタッフにも体操の教え方などの細かいところまで教えてくれる優しくて、かっこいい先生です♡

【乳児・幼児フリー М先生】
ポピンズでは最先端の乳幼児教育をハーバード大学やスタンフォード大学等と連携し研究する部署があります。
そこにメンバーとして研究に携わっていらっしゃるのがМ先生です。
ポピンズ独自のエデュケアがお子様にとってどのような力になるのか、今後さらに進むグローバル化に適応できる教育とは何かを日々研究しています。
М先生は特別に教材を用意したり、場所を用意したりということはなく、その時その場所にあるものやお子様たちが興味を示したものに注目し、エデュケアに活かしていきます。
例えば、国旗のパズルをしていたお子様が「日本の国旗はどこにあるの?」と言った瞬間、「じゃあ探してみよう!」とその日の戸外活動で国旗探しが始まります。(その日、急にですよ!?)
М先生はお子様たちと同じように町の中を見て回りました。
実際、日本では国旗を掲揚する文化はないように思っていましたが、気づかないだけで交番や市役所、場所によっては海上保安庁、自衛隊などの施設で毎日掲揚していますよね。お子様たちは交番で見つけ「あったー!」と喜んでいました。
日々の保育の中でお子様たちが感じる疑問や考えを形にし、探求する力に変えることはМ先生の得意分野です。
このような試みは同じ職場にいる私たちスタッフも勉強させられます。

先生同士も高めあって成長できる環境

ポピンズには様々な経歴をお持ちの方がたくさんいます。
幼稚園や乳児院などで経験された方や、中高の教員免許を持っている方など、多才で面白い方がたくさんいらっしゃいます。
といっても、なにか特別なものを持ってないといけないわけではありませんよ!ご安心ください。
そのような方と一緒に仕事をしていくと、自然と自分の武器も増えていきます。
先生同士も、毎日刺激し合いながら、成長し、自分を高めていくことができるのが、ポピンズの強みではないかなと私は思います。

私の働く園は昨年の年末に開園したばかり。
歴史は浅いですが今後、七夕や夏祭り、ポピンズワールドカップ(各地の園から代表のお子様たちで行うサッカー大会)など様々な行事を通してスタッフ間の信頼関係も築いていきたいです。

以上、個人面談を控え緊張するmickeyでした(笑)!!


ポピンズさんの園を見学してみたい、働きたい方は、コチラ♪

カテゴリを選択する