<写真付き>第1回 面接に成功する服装、ヘアメイク

414秒で読めます

414秒で読めます

面接は、あなたの人柄や保育士としての強みを知ってもらうための貴重な機会です。しっかりと自己PRしたいですね。
そこで、面接で相手によい印象を持ってもらうための、服装やメイク、話し方、話す内容の組み立て方までを、保育・子育てアドバイザーであり、保育園の施設長も務めたことのある松原美里先生に教えていただきました。
四回シリーズの第一回となる今回は「面接に成功する服装、ヘアメイク」をご紹介します。

モデル:岡田 彩/撮影:大関 敦
取材・文:野中真規子

PROFILE:
松原美里(まつばら・みさと)先生

保育園、児童養護施設で保育に携わる中で、保護者をサポートする重要性を感じ、退職。コーチング、心理学、NLPを学び、2007年よりウメハナリレーションズを設立。保育の視点を子育て支援に生かす講座や監修などを行う。2008年からは保育士向けコミュニケーション講座を主催。2011 年より認定こども園エクレス「エクレス子どもの家保育園」の施設長を兼任。現場での体験をもとに、新人継続支援・後輩育成・マネンジメント・リーダー育成などの研修を、保育士・施設長向けに行っている。また保育を通じて、地域が子どもに与える影響の大きさを痛感し、地元・網走の魅力を発信する市民活動「LOVEあばしり」を主催。年二回のワールドカフェや、網走と東京をつなぐ流氷ツアーの主催なども行っている。

ウメハナリレーションズ

保育の場は、子どもと保育者が素で向き合う場。
面接のときに大切なのは、服ではなく「振舞い方や言葉であなた自身を表現すること」です。ポイントは以下の通りです。

洋服は○○○が合っていることが大前提!

服装は、サイズの合ったジャケットとボトムスを選びましょう。
女性の場合、ボトムスはパンツでもよいのですが、保育の現場では母性を感じさせるスカートのほうが好まれる傾向にあります。

OK

上下揃いのスーツでなくても大丈夫。むしろ転職の場合は、上下黒のリクルートスーツよりも、ナチュラルなあなたらしさが感じられるジャケットとボトムスの着こなしのほうが好感度はアップします。
ジャケットの色は黒、グレー、ベージュなど控えめな色合いもので、無地が好印象です。ボトムスも無地、あるいは小花柄やチェック柄など、きちんとした感じのものなら構わないでしょう。
インナーは白でシンプルなものなら、清潔感が出ていいですね。

GOOD

どのアイテムも、サイズが合っていて、きちんと着こなしていることが大前提です。いかにも間に合わせたように見える、サイズの大きすぎるものや、小さすぎるものはNG。スカートはひざ丈がちょうどいいと思います。

ストッキングは自然な肌色のものを選びましょう。
靴は、ヒールが5センチ程度のシンプルなパンプスがいいですね。
ぺたんこ靴よりも、ある程度ヒールがあったほうがきちんとした印象になります
ただし高すぎるヒールや、派手なものはNG。また汚れや傷みがあるものはみすぼらしく見えてしまうので避けましょう。

アクセサリーは、小ぶりのネックレスやピアス、指輪くらいならつけても大丈夫。目立ちすぎるもの、華美なものは避けたほうがいいでしょう。

意外と目に入る持ち物もしっかり選ぼう

バッグはシンプルなもので、A4書類が入るくらいの大きさのものが良いでしょう。
面接の帰りに、今後についてのプリントなどをいただく場合があるからです。ただし、大きすぎてもだらしない印象に見えてしまうので注意してくださいね。

スリッパについては、園には来客用のものがある場合が多いのですが、念のため折りたたみができるスリッパを用意しておくと安心です。
私が面接官をつとめたときは、スリッパを園でお出しようとすると「自分のものがありますので」と言った方がいらっしゃいましたが、さりげなくて好印象でした。

ヘアメイクは、○○○○○︎が一番!

髪の色は真っ黒である必要はありませんが、染める場合はナチュラルカラーにしましょう。

長い髪はアップスタイルか、ハーフアップですっきりとまとめられていると、顔立ちや表情が見えて好印象です。
耳の横や前髪が気になる場合は留めておき、過剰に髪を触らずにすむようにしましょう。
髪をまとめるのは黒いゴムや、質素なシュシュなど目立たないものが好ましいですね。

メイクもナチュラルが基本です。濃すぎるメイクは避けましょう。
また子どもに化粧が付くから…と保育士はノーメイクがいいと思っている方もいるのですが、血色が悪すぎるとかえって心配されることがあるため、チークや口紅なども華美にならないよう配慮できればOK

アイメイクは、アイシャドーや、まつげをビューラーで持ち上げてマスカラをつける程度ならいいでしょう。つけまつげや、まつげエクステなどは面接では控えたほうが良いでしょう。
実際に勤務した後で、園の先輩たちの様子を見てからにしたほうが無難です。

次回は「面接で成功するふるまい方」を動画つきでご紹介します。

カテゴリを選択する