【12月編】元保育士直伝!今すぐ使えるおたより文例とイラスト集

646秒で読めます

646秒で読めます

ファインコ季節モノ03_子どもとプレゼント

Profile あおいママ

保育士歴9年、結婚をきっかけに退職。今は6歳と4歳の二人の息子を育児中。趣味はカフェ巡り。大好物はブロッコリー

 

12月といえば、クリスマスに年末に・・・と保育園でも行事は目白押しです。
そんな12月におたよりを出すのなら一体どんな風に伝えればいいのか?
今すぐ使える文例を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

☆また、12月にピッタリなファインコのフリーイラストも載せています。
ご自由に画像を保存して、お使いくださいね。

書き出し文は楽しく!

まず最初に12月のおたよりの書き出し文です。
12月といえば子どもにとって楽しみな行事が多いので、そんな雰囲気が伝わるようなものにします。
例えば…

「今年もいよいよ後1カ月となりました。子どもたちの口からは『お年玉』や『サンタさん』などの話が飛び出してきています。」

「ポインセチアが赤く色づいてきました。今年もあと1カ月!年末に向けてお部屋の掃除や自分のものの片づけをしていきたいと思います。」

「街はすっかりクリスマスの雰囲気です。〇〇組でもクリスマスツリーの飾りつけをしてみました。」

「冷たい北風が吹く12月。手袋をつけて登園するお友達が増えました。でも子どもは風の子!毎日、園庭で元気いっぱい体を動かして遊んでいます。」

などです。季節感が感じられる言葉を入れるととっても12月らしくなりますね。

保護者に何を伝えるのか考えて

続いては保護者への連絡事項です。
ここでは伝えたいこと全部を書いているとスペースが足りなくなりがち。そこで、何を一番伝えたいかを考えて書くようにするのが大切です。

「月末には大掃除を予定しています。ロッカーや靴箱など自分たちの持ち物を大切に使おうという気持ちを育てていきたいと思っています。ご家庭でも年末の大掃除をきっかけに少し話しあってみてください。」

「冬休みに入ります。
1.規則正しい生活
2.健康的な食事
3.手洗いうがい
4.交通安全
この4つのことについて保育園では約束を子どもたちとしたいと思っています。年明けに元気な姿で会えることを楽しみにしています。」

また、保育園によっては生活発表会を行うところもあるでしょう。
そこでその案内を少しだけ入れておくのもいいですね。何か準備物がある場合はここに書いておくのも効果的です。

「12月〇日は発表会です。劇やお遊戯など子供たちは緊張しながら本番を迎えることを楽しみにしています。当日は白のソックスで登園するようにお願いします。またその他、詳しいことは後日お手紙などでお知らせします。」

全部を書こうとせずに、またお伝えしますよ~というのを伝えるのことが大切です。

子どもの姿はじっくりと!

 

季節05_ゆきだるま

次に、今活動していることを書きます。

「お日様がにっこりと空に輝いているお天気の良い日は、お散歩車に乗って冬の散歩を楽しんでいます。初めて履く靴の感触に戸惑ってしまう子もいますが、外の雰囲気に興味津々です。」

「お遊戯室に飾ってあるクリスマスツリーの飾りつけは子どもたちの手作りです。秋のおさんぽでみつけたマツボックリやどんぐりを使っています。一気に華やかな雰囲気になりましたね。」

「『ジングルベル』や『あわてんぼうのサンタクロース』の歌を歌っています。子どもたちは『あわてんぼうでもいいから早くサンタさん来てくれないかな。』なんて声も。クリスマスが待ち遠しい様子です。」

「年末に向けて大掃除をしています。友だちとほうきや雑巾を使って上手にお掃除しています。」

このように、子どもたちの活動をそのまま書けば保護者には楽しんでいる雰囲気が伝わりますね。

食育は季節ならではのことを

季節03_プレゼントいっぱいの

今度は食育についてです。12月ならではの食べ物について伝えていきましょう。

「クリスマスケーキを食べるご家庭も多いのではないでしょうか?フルーツがたくさん乗ったケーキは見てるだけでもおいしそうですよね。しかし、クリスマスの本場(?)のヨーロッパではブッシュ・ド・ノエルやシュトーレンなどシンプルなケーキでお祝いします。保育園でもクリスマスの日のおやつはケーキを用意しています。楽しみにしていてくださいね。」

「年越しそばは何で食べるか知っていますか?それは
・そばのように長生きするため
・切りやすいそばを食べて今年の悪いことを断ち切るため
だそうです。食べる時にお子さんに聞かれたらぜひ教えてあげてくださいね。」

「お正月に食べるおせちにはそれぞれ意味があります。
・コンブ⇒喜ぶ(よろこんぶ)
・黒豆⇒まめに働く
・えび⇒腰が曲がるまで長生きする
・紅白のかまぼこ⇒紅白でおめでたい
といったところです。またお正月に食べるお雑煮は『神さまにお供えした野菜やお餅を一緒の鍋で煮て神さまのパワーをもらう』といった意味があります。お正月ならではのお料理を食べて元気なスタートを切れるようにしましょう。」

このようにしておくと、家庭で親子の会話が盛り上がる手助けをできますね。

保健面もしっかりと

ファインコ季節モノ02_冬

寒い季節になってくると感染症の予防にも尽力を注がなくてはなりません。
そこで…

「寒くなってくるとついつい、窓を閉め切ってしまいます。閉め切った部屋で活動していると、頭がぼんやりしてしまったり風邪ウイルスが蔓延してしまいます。1時間に1度は換気する習慣をつけましょう。」

「風邪ウィルスは乾燥していると強くなるウィルスです。部屋の湿度に注意し、外から帰ったらうがいを十分にして喉を乾燥から守りましょう。あわせて手洗いを行うことで予防になりますよ。」

など予防を促す文章をいれてみましょう。
他にも、年末年始は帰省する人が多いので

「年末年始には帰省を予定している人も多いかと思います。車に乗ると酔ってしまうというお子さんには前日は十分睡眠を摂る、車に乗る前は軽く食事をする(食べ過ぎ厳禁!)といったことに気をつけると酔いにくくなります。また薬局では子ども用の酔い止めもありますので、それを利用するのもいいですね。乗り物酔いは成長と共に症状が軽くなっていく場合が多いので心配はありませんよ。」

このように情報と共に伝えておくと安心ですね。

行事についても少しだけ

季節01_クリスマスツリー

続いては12月の行事です。発表会がある場合はその事をここで書いてもいいですね。その他の行事についても伝えていきます。
12月といえば,

・冬至
・クリスマス会
・大みそか

などがありますね。クリスマス会については詳しく別のお手紙を出す場合もあるでしょう。
その他の行事については、

「12月には冬至があります。2017年は12月22日がその日に当たります。冬至は一年のうちで夜が長く昼が一番短い日です。かぼちゃを食べ、ゆず風呂にはいると風邪をひきにくくなるといわれます。これから冬本番!ですが、暦の上ではこの日を境に「春」になっていきます。お正月に向けて健康管理をしっかりしていきましょう。」

「一年で一番最後の日は『大晦日』です。この日はお正月に歳神様(としがみさま)を迎え入れる準備をする日です。この日だけは皆寝ないで歳神様がやってくるのを待ったとされています。この日だけは夜更かしOKというのはここから来ているのでしょうね。」

「お正月は新しい一年の始まりを皆で祝う日です。『あけましておめでとう』という挨拶をするようにしましょう。」

このように、12月には一年のうちでも特別な行事がたくさんありますね。

まとめ

いかがでしたか?
12月は季節もゆっくりと冬に向かいます。そして新年のための準備をしなくてはいけません。子どもたちにとって12月にしかできない素晴らしい体験が多いですので、是非そういった体験ができ、心の糧になれるように助けていってあげてくださいね。

カテゴリを選択する