【2月編】元保育士直伝!今すぐ使えるおたより文例とイラスト集

616秒で読めます

616秒で読めます

Profile あおいママ

保育士歴9年、結婚をきっかけに退職。今は6歳と4歳の二人の息子を育児中。趣味はカフェ巡り。大好物はブロッコリー

 
年度も終わりに近づいてきました。
ここまで一緒に過ごしてきたクラスに向けて、おたよりで伝えたいことは残っていませんか?
また2月にはお遊戯会や生活発表会を予定している保育園も多いかと思います。そういったことを盛り込んで2月のおたよりを完成させていきましょう。

書き出し文は簡潔に!

おたよりの書き出し文は、道で出会った人と最初に交わす挨拶のようなものです。そのため、書き出し文は長くても3行以内に収めるようにしましょう。
そうすることで、本文で書くことがなくなってしまった!という事態を避けることができます。

「いよいよ2月です。子どもたちは節分に向けて準備しています。『鬼が来ても負けないぞ!』とやる気満々!豆を投げて悪い鬼を退治しちゃいましょう。」

「暦の上では『春』になる2月ですがまだまだ寒い日が続きます。でも木々たちは春を迎える準備を始め、芽が少しずつ膨らんできています。」

「秋に植えたチューリップの芽が土の中から顔を出しました。子どもたちも気づき、季節の移り変わりを感じています。」

2月は立春がありますので、少しずつ『春』を意識した言葉を入れていくといいですね。

保護者に伝え忘れはないですか?

続いては保護者に向けての連絡について。ここでは2月の行事などについてもしっかりと伝えていきましょう。

「2月〇日に△△組で最後のクラス懇談を予定しています。来年度に向けてのお話や、1年を通して成長した子どもの姿についてお話したいと思っております。ご都合がよろしければご参加ください。」

「まだまだ寒い日が続きます。コートやジャンバーの名前は薄くなっていませんか?もう一度名前の確認をお願いします。」

詳しいことまではここでは書けませんので、後日別の手紙を配布するなどして対策を取りましょう。

子どもの姿を素直に伝える

保護者の方が特に気になる部分が子どもの姿です。ここで何を書こうか迷ってしまう人が多いですが、あなたが子どもの姿を見ていて感じていることを素直に書けばそれで充分なんですよ。

「『節分』の日に保育園には鬼が2匹やってきました。初めて見る鬼の姿に怖くて泣いちゃうお友達もいましたが、しっかり豆まきをして鬼をやっつけました。」

「窓の外を見ると雪が・・・。『雪だるま作りたいなあ。』という子どもたちが増えてきています。雪が降れば寒さも関係ないのか、子どもたちは毎日元気!雪合戦に雪だるまに・・・と、今しかできない遊びで楽しんでいます。」

「お遊戯会の練習を毎日張り切ってしています。お父さんやお母さんにカッコイイ姿を見せるんだ!と奮闘中です。本番では、子どもたちの成長した姿を楽しみにしていてくださいね。」

「最近、〇〇組さんでは、お友達と一緒に関わりながら遊ぶことを楽しんでいます。4月から比べると皆、大きくなりました。日々、成長を感じられてうれしい毎日です。」

子どもたちの姿を書く時には、大前提ではありますが、否定的な言葉をあまり書かない、というのがあります。
2月については、4月から一緒のクラスで過ごし、仲良くなった子どもたちから成長を感じる面も多いと思います。そういった意味では比較的書きやすいのではないでしょうか?

食育は発信し続けることが大切

おたよりで情報を発信しても、必ずしも家庭で取り組んでくれるところばかりではありません。それでも情報を発信していくことで、もしかしたらどこかで気をつけてくれるようになるかもしれないのです。継続的に、必要な情報を各家庭に届けていきましょう。
特に、食育についてはなるべく毎月触れていきたいものですよね。子どもにとって、食事を充実させると言うのは頭と体を成長させる上でとても大事なことです。

「最近、日本人の『魚』離れが言われています。ご家庭でも、ご飯のおかずはお魚よりお肉が多いという方もいらっしゃいますよね。しかし魚には、ミネラルやDHAといった栄養素がたくさん含まれています。2月はおいしいお魚がたくさんあります。ぜひ食卓に摂り入れてみてください。」

「豆まきで使う『大豆』には別名があります。それは『畑の肉』です。お肉を食べるのと同じように栄養価が高く、大切な栄養もたくさん含まれています。
・豆腐
・納豆
・きなこ
・味噌
など、大豆製品のものを1日1回食べると風邪をひきにくくなると言われています。またお母さんにとっても大豆は嬉しい『イソフラボン』という栄養素が多く含まれています。大豆を使ったおかずを作って、お母さんも今よりもっと美しくなってみませんか?」

保健はまだまだ怖いインフルエンザについて

2月はインフルエンザがまだまだ流行る時期でもあります。あわせて他の感染症にも気をつけてもらうように注意喚起を促していきましょう。また最近では「花粉症」になってしまう子どももいますので、それについても伝えていきます。

「インフルエンザの感染予防に一番必要なのは湿度です。部屋の湿度が40%以下になるとインフルンザウィルスが活発になってしまいます。冬は暖房器具を使いますので、想像以上に乾燥しています。まずは乾燥対策を行い、適切な湿度(40~60%)を保てるようにしていきましょう。」

「春が近づいてくるとくしゃみや鼻水に悩まされるという方も多いのではないでしょうか?最近では、子どもも花粉症に苦しんでいる姿を見かけます。もし、症状が酷い場合は保育園でもできるだけ対応したいと思いますので、いつでもご相談ください。」

「〇〇組ではインフルエンザは落ち着いてきましたが、まだまだ油断はできません。規則正しい生活、手洗いうがいはしていますか?免疫力を高めて新学期を迎えられるようにしましょう。」

このように必要な情報と共に注意喚起を行っていきます。具体的にどうしたらいいのか分からない、という保護者もいますので、あわせて対策なども伝えていけるといいですね。

行事について伝えていく

行事についても触れていきましょう。

「2月3日は『節分』です。節分というのは古くから季節の分かれ目を表し、この日を境に『春』になります。なぜ節分に鬼退治をするのでしょうか?季節の変わり目と言えば、体調を崩しやすく、今のように薬がたくさんなかった時代には命を落とす人もいました。そこで病気や悪いものを『鬼』に例えて豆まきをし、一年の厄をはらうことが始まりとされています。豆まきをして一年の無病息災を祈り、福を呼び込みましょう。」

「2月〇日はお遊戯会です。毎日、お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに踊りを見てもらうのを楽しみに練習しています。当日についての詳しい内容は後日手紙でお知らせします。成長した△△組さんの姿をご期待ください。涙を拭くハンカチの準備をお忘れなく!」

保護者との距離感にもよりますが、少しくだけた表現を使っても大丈夫な場合もあります。メリハリをつけることでおたよりも読みやすくなりますね。

まとめ

2月はいつもより日数も少なく、卒園や進級前の大事な1カ月です。やりたいことはたくさんあるのに時間が足りない!!と思ってしまうこともあるでしょう。そんな思いをおたよりに載せるのも読み応えがあるかもしれませんね。

カテゴリを選択する