『社会福祉法人檸檬会 レイモンド花畑保育園』訪問レポート☆

952秒で読めます

952秒で読めます


 
始まったばかりの新企画「FINE!オリジナル保育園・幼稚園訪問レポート」!
全国には人気の保育園・幼稚園や、特色ある保育を展開している園がたくさんあります。
そこで、FINE!編集部が直接訪問して、公式HPや求人情報だけでは分からないリアルな情報をみなさんに発信していきます!
職場探しをしている方や、お子さんの預け先を探している方にとっての「新発見」が、ひとつでも多く見つかりますように。
 
第二回目に訪れたのは、東京都足立区にある社会福祉法人檸檬会 レイモンド花畑保育園さんです!
子どもたちの「なんだろう?」を大切に、まっすぐ保育と向き合う様子をたっぷりの写真と共にお届けします。

保育ギャラリー

今回訪れた「レイモンド花畑保育園」の園舎外観。
四角形を組み合わせたような、洗練されたデザインがおしゃれ♪
 

 

 
玄関にはタブレットが!
登園管理がラクラクな仕組みが整っています。
 

 
ヨーロッパのおもちゃも飾ってありました。
 

 
廊下は明るく、開放的なつくり。
木のぬくもりと、白を基調としたデザインが新築のおうちみたい!
 

 
クリスマスツリーにはこれから子どもたちが飾りつけをするようです♪
 

 
その横にはたくさんの絵本が並ぶ貸し出し図書コーナーもあります。
 

 
窓に、かわいい仕掛けを発見!
 

 
保育室で思い思いの遊びに熱中する子どもたち。
 

 

 
男性保育士さんも活躍しています!
 

 

 
この日は茶道に挑戦するクラスがありました。
お茶菓子をおいしそうに食べています♪
 

 
壁面装飾は一般的な動物などのキャラクターではなく、こういったアートや作品が飾ってあります。
 

 

 

 
園庭でも、元気に子どもたちが遊んでいます。
 

 

 
実は、保育園から細い道路を渡ると広々とした公園があり、こちらで遊ぶこともできるんです!
 

 

 
公園から見たレイモンド花畑保育園。本当に公園のすぐそばです。
 

 
お昼の給食風景をパシャリ。
乳児は育児担当保育を取り入れ、一人ひとりの成長を配慮しての対応を。
お兄さんお姉さんは、1階ホールにてカフェテラス形式で順次給食を頂いています。
 

 

《園長先生インタビュー》「「おうちにいるような居心地のよい環境の中で保育を届けたい」~長谷川 睦美さん

--はじめまして。本日はお時間をいただきありがとうございます。色々な話をお聞かせいただきたいと思っていますので、よろしくお願いします!
 
はじめまして。レイモンド花畑保育園の園長の長谷川と申します。よろしくお願いします。
 

 
--早速ですが、園内がとても綺麗で驚きました!清潔感もそうですが、ごちゃごちゃしていないというか・・・。
 
レイモンド花畑保育園は2016年に開園したばかりなので、ピカピカの園内は保護者や先生方にも好評です。
ただ、それよりも大きな特徴として「まるで家庭にいるような落ち着いた保育環境」があります。お気づきいただいたように、一般的な保育園にあるような動物・キャラクターなどの壁面装飾や製作物がここにはほとんどありません。
その代わり、花畑保育園をイメージして作ってもらった40cm四角い箱の中には、アーティストさんの作品や、落ち葉を使った子どもたちの作品などが飾ってあります。子どもたちには良い作品に触れながら、過程により近い環境の中で、のびのびと過ごしてほしいですね。
 
--なるほど!この環境なら変に気が散ることなく、興味をもった遊びに子どもたちも集中できそうですね。
 
そうですね。今は自由な時間なのですが、豊富なコーナー遊びや、園庭、公園で子どもたちは本当に「主体的」にやりたい遊びができるように工夫しています。興味、関心を刺激できる環境を整えることが保育者の役割であって、私たちがやりたいことを無理やりやらせるというのは本物の保育とは言えないのでは?と考えています。
 
--たしかに、絵本を読みたい子、外で走り回りたい子など思い思いに楽しんでいますね。先生たちもみなさん楽しそうにお仕事をされていて、全体的に明るく感じます。
 
ありがとうございます。レイモンド花畑保育園では職員同士の「輪」をとても大切にしています。
話す機会をなるべく多くもてるようにすることで、自然とお互いを助け合える雰囲気になりました。
特に有給の取得やシフトの調整には柔軟に対応していますよ。昨日は5人の先生がお休みを取っていました(笑)
先生同士であったり、パートや補助員の方も協力してくれるので、みんなが働きやすい環境だと思います。
 
--5人もいっぺんに!?(笑)そういった環境が整っていると、子育てで大変なママさんやライフイベントが控える若い方も安心して働けますね。
 
先生が気持ちよく働ければ、子どもたちへの保育にもいい影響がありますから。
他にも、先生専用の休憩室を用意してリフレッシュしてもらえるようにしています。更衣室も兼ねているので写真はNGですが(笑)
 
--休憩室うらやましいです!オンオフを上手に切り替えられることで、保育士さんも全力で保育に取り組めますね。最後になりますが、どういう先生が多く働いているか、また来て欲しいか教えてください。
 
子どもたちは先生の姿を見て学び、成長していきます。ですから前向きで、自己肯定感の持てる人、所作が美しくてみんなの手本になれるようなような人と一緒に働きたいですね。
基本的なことですが「笑顔で挨拶ができる」、「人の目を見て話を聞ける」、「共感し合える」方などです。
他にはそうですね、創造性や感性が豊かな先生がいいなあと思います。例えばお散歩中、道端に咲いてる雑草に気づき、思いを共有できる人とか。
 
--感性豊かな先生は、子どもの些細な変化にもすぐに気がつけて、良いところを引き出すのも上手そうですね。
ではこれでインタビューは終わりとなります。長谷川さん、ありがとうございました!

《保育士インタビュー》「私も、頼られる先輩になりたい!」関光さん

--お忙しい中、お時間をいただきありがとうございます。早速ですが自己紹介と一緒に、保育士になったきっかけを教えてください。
 
こんにちは!今年新卒で保育士になったばかりの関光です。岩手出身で、就職にあわせて上京してきました。今日はよろしくお願いします。
 

 
保育士になったのは昔、お母さんの友人がお仕事をしている際に、お子さんと遊んだことがきっかけですね。
元々子どもは好きだったのですが、「私でも、育児の時間が取れないお母さん方の支えになれるんだ…!」と思い、保育士を目指すことにしました。
 
--そうだったんですね。では保育園の中でも、なぜレイモンド花畑保育園を選んだのですか?上京には不安もあったと思います。
 
東京で働くことは最初に決めていて、色々な説明会に参加していました。ある時檸檬会のお話を聞いて、興味をもったので職場見学ができるバスツアーに参加したんです。そこでレイモンド花畑保育園に初めて訪れました。
 
--第一印象はいかがでしたか?
 
園に訪れた瞬間、「ここだ!」って思いました(笑)
その後も他の園を見に行きましたが、初めてここに訪れたときの衝撃が忘れられずに、入職を決めました。
家賃も月に8万円まで補助が出るので、一人暮らしの不安もそこまでありませんでした。
 
--そうなんですね!園について、具体的にはどんなところに惹かれたのですか?
 
割と直感が大きかったのですが、特に雰囲気が私に合ってると感じました。
園庭も広いし目の前には公園もあって、ここならのびのび保育ができるなって。あと園舎の中もごちゃごちゃしていないから、すごく落ち着くんですよね。
壁面装飾には年長さんの書道作品を飾っていたり、アーティストさんの作品が飾ってあったり、「本物」に触れながら過ごせるところが大好きです。
 
--色々な意味で美しい園ですよね。実際に入ってみて、ギャップや「これ大変だな」と感じたことはありますか?
 
私は3月後半から働かせていただいたので、最初に年度切り替えの忙しさを味わいまして。1年でも特に忙しい時期だとは聞いていたのですが想像以上でした…(苦笑)
あと、先生あるあるだと思いますが、月末に溜まる書類は慣れるまで大変でしたね。クラスが同じ先生や、行事の際に同じ係の先生に色々教えてもらいながら、最近ようやく上手に書けるようになったかなと思います。
同い年の同期がいないので、そこもちょっと寂しいですね。なので時々先輩からご飯のお誘いがあると飛びついちゃいます!
 
--なるほど。でも頼れる先輩に囲まれてよかったですね!逆に働いていて嬉しかったエピソードなどあれば教えてください。
 
嬉しかったことたくさんあるので迷いますね…(笑)
この前、会議に参加したものの、新人だから…と勝手に思って、なかなか意見を言えずに終わってしまったことがありました。
落ち込んだまま保育室に戻ると、子どもたちが「せんせー!おかえりー!」って言ってくれて。もちろん子どもたちはそんな会議があったことは知らず、いつも通り接してくれただけなのですが、嬉しかったですね。
「こんな私でも先生って呼んでくれる子たちがいるんだ。めげてる場合じゃない!」って元気をもらいました。
 
--それは嬉しいですね!やっぱり、子どもと関わるお仕事って良いですね。最後になりますが、今はお仕事、楽しいですか?
 
はい、すごく楽しいです!子どもから直接元気をもらえる仕事なので、この仕事を選んでよかったなって日々かみ締めています(笑)
先輩に新しいことを教えてもらう毎日ですが、来年は後輩が入るかもしれないので、そのとき私自身が「頼れる先輩」になれるよう、頑張っています!
 
--関光さんなら素敵な先輩になれると思いますよ!本日はご協力いただき、ありがとうございました!

編集後記

今回の取材は私にとっても新しい発見ばかりでした。
保育園といえば可愛い動物やキャラクターの装飾がいっぱい!というイメージでしたが、レイモンド花畑保育園さんでは、まるで家で過ごしているかのような安心感がありました
ひと口に保育園と言っても、子どもの成長を支えるアプローチには、園ごとに様々やり方があるんですね。
今後も様々な色の園を取材してみなさんにお届けしていきます!
檸檬会さん、レイモンド花畑保育園の皆様、今回はお忙しい中ご協力をいただきありがとうございました。
 
「檸檬会の求人を見てみたい!」という方はこちら▼
社会福祉法人檸檬会の求人【FINE!保育士】

カテゴリを選択する