【年齢別】子どものしつけ・接し方のポイントとは?【0~1歳児の場合】

451秒で読めます

451秒で読めます

保育園の役割のひとつに、子どもに対人関係のルールや生活習慣を教えていく「しつけ」がありますが、そのために厳しい口調で諭したり、できないことを叱ったりするのではなく、子どもがわかりやすいように、年齢ごとに適した教え方をすることが大切です。

しかし「年齢別のしつけ」とひと言でいっても、なかなかイメージしづらいですよね。

そこで今回から、保育Fine!では子どもの「しつけ」に悩む方に向けて新連載を始めます!
累計490万部を超える人気書籍「子育てハッピーアドバイス」シリーズ(1万年堂出版)の著者であり、子育てカウンセラーで心療内科医の明橋大二先生に、年齢別の子どもの接し方についてアドバイスをいただきます。
全5回シリーズの第一回目となる今回は0〜1歳の子どもとの接し方のポイントをご紹介します。

取材・文/野中真規子

 

PROFILE:
明橋大二(あけはし・だいじ)先生

大阪府生まれ。京都大学医学部卒業。子育てカウンセラー・心療内科医。国立京都病院内科、名古屋大学医学部付属病院精神科、愛知県立城山病院を経て、真生会富山病院心療内科部長。児童相談所嘱託医、NPO法人子どもの権利支援センターぱれっと理事長。専門は精神病理学、児童思春期精神医療。著書は「子育てハッピーアドバイス」シリーズなど多数あり。また、一般社団法人HATの共同代表として、自己肯定感を育む子育てを広めるため、支援者育成に当たっている。
明橋大二オフィシャルサイト

0〜1歳の子どもはしつけよりも、まず自己肯定感を育むことが大切

私たちが生きて行くうえで、一番大切なことは自己肯定感を持つことです。0〜1歳の子どもとの接し方のポイントです。小さな頃にこの自己肯定感をしっかりと育み、心の土台ができている子どもは、成長するにつれて、自然と生活習慣や対人関係のルールも身につけられるようになり、勉強も意欲的にできるようになっていきます。

保育園では、子どもたちにしつけを行っていく必要がありますが、子どもが自己肯定感を充分に育んでいない段階でこうしたしつけを無理にしようとしても、それは身につかないばかりか、逆に子どもの心の成長を邪魔してしまうことにもつながります。
子どもの発達段階に合わせた接し方をこころがけながら、しつけをしていくことがポイントとなります。

0〜1歳くらいの子どもは、自己肯定感の土台をしっかりつくるために、毎日の保育園生活で、絶対的な安心感を得るべきです。そのために保育士さんが心がけるポイントをご紹介しましょう。

ポイント1.部屋や遊び場の環境を整え、叱らなくてもいいようにする

この時期の子どもは、自分の欲求や気分を感じとることはできますが、相手の気持ちを考えることはできません。当然、ルールを守ることもできませんので、保育士さんは子どもたちに振り回されることがとても多くなるでしょう。

たとえば、特定の友達を叩くなどの悪さをするとか、絵本を破るなどのいたずらをするなどは、この時期の子どもにはよくあることです。しかしこういうときに「ダメ!」などと強く叱っても、0〜1歳の子どもはなぜそれがいけないのか、本当はどうしたらいいのかを理解することができません。
そればかりか、大声やヒステリックな口調で叱られた場合、子どもは頭が真っ白になり、理解するどころか恐怖心をつのらせてしまいます。それでは、安心感を得ることはできなくなってしまうでしょう。

それでは保育士さんはどうすればよいかというと、環境をととのえることで、こうした悪さやいたずらを予防すればいいのです。
たとえばよく叩いてしまう友達がいるなら、その子と距離を置いて遊ばせるようにしたり、破られて困る絵本は子どもの手の届くところに置かないようにするといいでしょう。こうすることで、悪さやいたずらを未然に防げるので、子どもを叱らずに済むことになります。

ポイント2.泣いている子どもの気持ちに寄り添って、安心感を得られるように

子どもがけんかをしたり、転んだりして、泣いているときは、その子の気持ちにできるだけ寄り添って、安心させることが大切です。できれば抱っこしたり、よしよしと撫でたり、一緒に遊んで気分転換をさせましょう。そうするうちに立ち直り、また遊べるようになってきます。

こうして子どもの気分や欲求を受け止めることで、子どもは「自分は存在していいんだ」「困ったことがあったら守ってもらえるんだ」という自己肯定感を育むことができます。

反対に「泣いちゃダメ!」などと厳しい口調で突き放したり、抱き癖がつくからと子どもをあえて放置したりすることはやめましょう。泣いている子どもはただでさえ辛いものですよね。そんなときに保育士さんに突き放されたり放って置かれたりすれば、子どもは余計に辛く、悲しく、不安になってしまうでしょう。

保育士さん自身も自分を認めることで子どもを認められる

5d4d36b96090c2f2e9ae69aca5bcd1aa_s
 
子どもが絶対的な安心感を得られるように、いろいろな接し方のポイントをお話しましたが、みなさんも自分自身が安心感を得られていますか?
もしも保育士さん自身が厳しく育てられた場合、子どもの気持ちをきちんと受け止めて接することは、なかなか難しいものです。
子どもを受け止めてあげるには保育士さん自身も自己肯定感を育むことが大切です。自分のがんばりを認めたり、過去の自分と比べて成長した部分を自分でほめたりすることを、ぜひ心がけてみてください。

▼こちらの記事でも、保育士さん自身の自己肯定感を高めるためにできることをご紹介しています。

子どもの生きる力を育てるほめ方、叱り方⑤ 保育士自身の自己肯定感を育てるためにできること

次回は、1~2歳児の子どもとの接し方のポイントをお伝えします。

カテゴリを選択する