転職活動に密着!20代男性の転職を追え!転職サイトの情報をこう見た!

37秒で読めます

37秒で読めます

6d197f0bcddfe9742fff57bc63be9fa4_s

Profile ゆきせんせい

現役保育士。元は一般事務員だったが、3人の息子が大きくなったのを機に一念発起、資格を取り、保育士として働き始める。毎日、保育園の子どもたちからは元気を一杯もらって、保護者のパパやママたちには子育ての先輩としてエールを送っている。

 

今回ご協力いただいた方は、20代の男性保育士の方です。
この方は転職サイトをどのように使われるんでしょうか。

まず、エリアを指定します。
ここで検索の仕方に注目です。
まずエリアはかなり広く考えているようです。
保育士は女性が多いので、かなり狭い範囲で検索することも多いと思いますが、男性の場合転居が伴っても構わないから広く良い園を探したいと思われるようです。

次に、いろんな条件の指定についてはどうでしょうか。
現在、自転車通勤をしていて気に入っているとのことで、自転車通勤にチェックをしています。
また、借り上げ社宅は絶対必要!って言っていますよ。
また、男性スタッフ歓迎っていうところもチェックが必要ですね。

さて、こんな感じで検索してみて出てきたところから、どこが気になるんでしょうか。

彼は、良いところがあればすぐにでも転職したいと考えているそうなので、途中入職可と書いてあるかどうかにすぐ目が行くようです。
また、男性保育士としての本領を発揮できるのは、広い園庭のある園での戸外遊びだと考えて、園庭が広いところはポイントが高いと感じていますね。
さらに、実際に男性保育士が働いている実績があるかどうかの記載があることや、昇給あり、有給が入職後すぐ10日つくといった条件もいいなと感じています。

ここで一つ、途中入職可というのが、どの程度実際に即しているかというのはその園によって違うようです。
今は人数が足りているから4月からの雇用しか考えていない園もあれば、人数は足りているが良い人材であれば雇用したいと考えている園もあるようです。
この辺は、情報を見るだけではわからなくて、転職サイトの担当の話や、保育園の雇用担当の方から聞かなければわからない点です。なので、この時点では途中入職可という項目は参考程度に見ておくのがよさそうですね。

では、気になる点としてはどんなところがあるでしょうか。
まず、保育園の規模に関して気になっているようです。
現在の勤務園は大規模なところで、経営状態が安定しているのではないか、給料がいいのではないかという点が決め手の一つだったようなのです。また、男性保育士の特性を生かせる場として、幼児の保育に魅力を感じている彼は、小規模園での勤務は希望していません。
一方で、大規模園では担任が多くより人間関係の難しさも感じているといい、気持ちが揺れているようです。

ほかに気になる点としては、土曜勤務の振替があるかという点。完全週休二日制なのかは、必ずチェックするといいます。

この点については年間休日である程度予想することができます。大体120日程度であれば、完全週休2日になる可能性が高いです。
求人に年間休日が記載されているケースが多いので、事前に確認できますね。

ほかに気になる点としては、制服貸与・給食費・運営母体(社会福祉法人・学校法人・株式会社など)・縦割り保育などがありました。
特に運営母体や縦割り保育は、大学で習ってきたことが影響して気になる点のようです。

このような点を気にしながら、実際に転職会社のご担当さんとお話しすることにしたという彼はこの先どんな風に転職を決めていくのでしょうか。

カテゴリを選択する