2019.01.10

特集企画

埼玉県越谷市『しらとり保育園』訪問レポート♪

リアルな保育の現場を紹介する人気企画「Fine!オリジナル保育園・幼稚園訪問レポート!」

全国には特色ある保育を展開している保育園や幼稚園がたくさんあります。
Fine!編集部が注目の園を訪問して、公式HPや求人情報だけでは分からない情報をみなさんに発信していきます。

第五回目に訪れたのは、埼玉県越谷市にある「社会福祉法人弥十郎愛育会しらとり保育園」さんです。

16G110952_01_880x660
△「しらとり保育園」の外観
2016年の「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン」においてキッズデザイン賞を受賞

《事務長インタビュー》しらとりさん

―はじめまして。本日はお時間を頂きありがとうございます。

「事務長のしらとりです。本日はよろしくお願いいたします」

―早速ですが、しらとり保育園さんの特色を教えてください。

「保育については『遊ぶこと・食べること・寝ること』に重きを置いていて、特に遊びに関しては『遊びから学ぶ』という保育をしています。机に座って何か勉強するということではなく、友達との遊びを通しての学びだったり、自ら考え行動することによる成功や失敗からの学びを大切にしていますね。食べることに関しては園内にある畑で野菜を育てていて、種から育てて園内で調理してといった経験をさせています」

―しらとりさんは普段はどういった業務をしているんですか。

「私は事務作業をしていて、なかなか保育に関わることができていないんですけど、今はここ数年での保育業界の変化や4月の保育指針の変更に伴って、うちの園でも求められていることと今までやってきたことにギャップが出てきているのでそのギャップを埋める作業をしています。職員さんたちにも研修に行ってもらったりしていますね」

―具体的にはどういったギャップを感じますか。

「そうですね。今後日本ではどんどん人口が少なくなっていって、大人になってそういった世の中を生きていかなければならない今の子どもたちは自ら考え行動するという、すなわち「主体性」を育てていく必要があるといわれています。なので、なんでも教えてあげようやってあげようを無くし、子どもたちがやりたいようにやらせてあげる、下手でもなんでも最後までやり終えるのを見守ってあげようということは職員たちに言っています

―施設内装などでこだわった点などございますか。

「できるだけシンプルにしていますね。子どもたちにとって落ち着いた環境で過ごして欲しいので」

―キッズデザイン賞を受賞されただけあって、本当におしゃれですよね。トイレもおしゃれなカフェみたい!あの玄関の黒板は毎日書き換えてるんですか。

「今日のひとことの部分はそうですね。ちょっとしたことですけど、こだわるようにしています。子どもたちも楽しみに見てくれているので。あとはできるだけ自然に触れてもらえるようにと木造建築にしています」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
△しらとり保育園の玄関

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
△さまざまな賞を受賞されています^^

―全体的にガラス張りが多いですよね。

「そうですね。基本的に開放感、つながりのある空間にしたいなと思っていたのでそういったつくりにしました。給食室や事務所などのドアもすべてガラス張りになっていて、子どもたちがどこにいても職員が気づけるようになっていますし、各クラスのしきりもガラス張りになっているので、子どもたちの縦のつながりも築きやすくなっています」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
△給食室と食卓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
△ガラス張りのクラスのドア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
△開放感のある読書ルーム

―保育士さんが働きやすくなるように取り入れている制度などはありますか?

「ママさん保育士が多いので土日の行事をなるべく減らすことでご自身の子どもとの時間も大切にしてもらっています。あとは連続で5日間休暇をとれるリフレッシュ制度を導入しています。最近導入したばっかりなんですけど、この休暇を使って旅行に行ったり楽しんでくれていた職員もいたのでよかったかなと。といってもなかなか定着は難しいなと感じているところではありますけどね(笑)」

―求める人材を教えてください。

「自分でやりたいことを見つけられる人、意欲をもって仕事できる人ですかね。割りと職員任せの自由な職場なので、その分っていうところですね」

―転職活動中の保育士さんに向けて、しらとりさんが思う『しらとり保育園』の一番のアピールポイントを教えてください。

「んー子どもたちも職員たちものびのび生活できているというところですかね。できるだけ子どもたちのやりたいことを尊重してあげたり、無理にクラス単位で動いたりしないので先生たちもクラスに縛られず自由に他のクラスの子どもたちとも関われるようにしていたり、本当に『のびのび』していると思います」

《保育士インタビュー》

―なぜ保育士になられたんですか。

「もともと幼稚園に勤めていたんですけど、もう少し小さい子どもたちも見てみたいなというところから保育士をめざしました」

―こちらの園に就職したきっかけは何ですか。

「食育に力をいれているところや、子どもたちの生きる力を育てていくといった保育方針が私の求めていることと一致していたので、こういったところで働ければなと面接しました。後はリニューアル工事をちょうどしていたのできれいな職場というも魅力的でしたね。今は働いて4年目になります」

―実際働いてみてどうですか。

「自分がやってみたいと思うことや挑戦したいことはどんどんやらせてもらえるので、その点はうれしく思っています。私も職員たちの負担を減らすために掲示物をすべて手書きにするのではなく、コピーの使いまわしを提案したりとかちょっとしたことなんですけど、良いと思ったことは提案実行するようにしています」

―なるほど。素敵な園長先生ですね。

「やさしい園長先生ですね。お母さんみたいな感じです。仕事で落ちこんでいたら話を聞いてくれて励ましたりしてくれて、、、本当に日々助けられています」

―しらとり保育園の一番の魅力は何だと思いますか。

「園長先生をはじめ、一緒に働く職員たち、子どもたち、保護者の方すべての人が暖かくて、本当に居心地がいいです。それが一番の魅力だと思いますね」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
△職員さんのお仕事の様子

編集後記

しらとりさんが言う『のびのび生活できている』という魅力が、開放感のある園舎や働く職員さんたちの言葉、そして子どもたちの笑顔や元気からとても伝わってきて、とても素敵な園さんでした!
取材にご協力いただいたみなさま、本当にありがとうございました^^

今回取材に伺った『しらとり保育園』では2019年4月から一緒に働いてくれる方を募集しています。
Fine!でも求人を掲載中ですのでご興味のある方はぜひ↓をクリックしてくださいね。
2019年4月入職【正社員】★ 埼玉県越谷市 ★ せんげん台駅・北越谷駅より通勤圏内/賞与4.7か月分!/ほぼ完全週休2日/住宅手当3万円/残業なし/マイカー通勤OK 無料駐車場あり/産休・育休復帰実績あり/退職金制度あり 改築したキレイな園舎で、子どもたちの成長を見守りませんか?

しらとり保育園

住所:〒343-0047 埼玉県越谷市弥十郎275-1
アクセス:東武伊勢崎線 大袋駅 せんげん台駅 徒歩20分
TEL:048-977-7131
開園時間:7:00 ~ 19:00

“>

保育士の仕事を探す

保育士の仕事をさがす

保育Fine!で理想の職場を探す