保育士の転職のタイミング。いつから転職活動するべき?

保育士の転職のタイミングは?いつから転職活動をするべき?有給消化はできるの?
どれくらいの期間が必要?
というみなさんの疑問にお答えします!

保育士は全国で不足している!

厚生労働省は「子育て安心プラン」として2020年度末までに約32万人の保育の受け皿を確保するとしていますが、この保育の受け皿確保には、保育士の確保が必要不可欠となります。一方、2018年11月時点での保育士の有効求人倍率は3.20倍で、全国で最も高い東京都では6.44倍と保育士確保が喫緊の課題となっています。
各自治体や働きたいのに働けない母親にとっては大変な状況ですが、仕事を探している保育士にとっては絶好の転職市場といえます。

同プランで、厚生労働省は保育士の処遇改善を進めています。例えば、2019年度の保育士の給与を約1%改善、さらに技能や経験に応じて月々5,000円~40,000円の給与改善があります。

さらには保育士のための借り上げ宿舎として最大82,000を支援しています。このように、保育士さんの処遇改善は実はどんどん進んでいるのです!

転職の理由をいつ・どのように伝えるか

合わなければならないのは、現在の職場に「辞める」という意向を伝えることです。園長先生や保護者、大切な子どもたちに園を辞める意思を伝えるのは決して容易なことではありません。考え抜いた末に決断した転職であっても、伝えたときの相手の反応を不安に思うこともあるでしょう。どのような理由で園を辞めるにしても、その旨を伝えるときに大切なのは誠意を示すことです。

お世話になった方々に感謝の意を示し、退職までに自分がするべき業務はしっかりこなす意思があることを伝えましょう。

また、「園に不服がある」「職場の人間関係に耐えられない」といったマイナス要素が転職の理由だとしても、感情のままにその理由を告げ、後悔しないようにしたいものです。

次の職場で気持ちも新たに再出発するためにも、現在勤めている園は円満に退職するよう心がけましょう。

退職の旨を伝えるタイミングは余裕を

一旦「転職しよう」と決めてしまうと、1日も早く行動を起こしたくなるのが人の心理。でも、大きなイベントの前や、年度の途中で急に辞めてしまうのはできる限り避けたいものです。

園によって必要期間に差はありますが、最低でも2カ月前には退職を考えている旨を伝えるようにしましょう。

家族の都合や健康状態の問題でやむを得ない場合を除いて転職は年度末に合わせるようにし、やむを得ない場合も、後任者にしっかり引き継ぎができる期間を用意します。

退職日も自分で決めるのではなく、園と相談した上で最終的な日付を決定できると周りへの影響は最小限で済むはずです。

何よりも子どもへの配慮を忘れない

保育士の退職によって、最も影響を受けるのは子どもたちでしょう。保育士として絶対に避けたいのは、子どもたちが「自分たちのせいで先生が辞めちゃった」と思ってしまうことです。

転職を決めた後も、子どもたちには変わらぬ態度で接し「先生はみんなが大好きだよ」という気持ちをしっかりと伝えてあげましょう。

また、自分が担当している子どもの卒園を待たずに退職をする場合は、引き継いでくれる先生に、それぞれの子どもに関する情報をできる限り詳しく伝えるようにしましょう。

退職後にも引き継いだ先生が目を通せるようなちょっとした資料を作成し、退職後にも必要であれば連絡がとれるようにしておくと親切です。

転職のタイミングは余裕をもって円満に

転職を成功させるためには、現在勤務している園に対していかに誠実な態度でタイミングよく退職するかが重要です。

転職となると、荷物の整理や業務の引き継ぎ、引き継ぎ資料の作成とやるべきことは多くありますので、余裕を持った転職活動時間を設けた方がよさそうです。

退職に際しての業務や転職先での手続きに追われて、保護者や子どもたちへの配慮に欠ける行動をとることがないよう、少なくとも3~6ヶ月前には園側に離職の意思を伝えましょう。

業務を引き継いでもらう同僚や後任者、保護者に快く送り出してもらってこそ、新たな環境で気持ちよくスタートを切ることが可能になるといっても過言ではありません。

新たな環境に戸惑うことがあっても、笑顔でお別れした子どもたちのことを思い返せば頑張れますよね!

経験者であることが強みとなり、理想の職場が見つかりやすい!

保育施設の全国的な人手不足から、保育士の転職市場では「未経験でもOK!」といううたい文句もよく見かけますが、経験者はやはり優遇されます。

特に深刻な人手不足の問題を抱えている保育園では、未経験の保育士を教育する時間すらない場合が多いようです。

保育士の仕事の流れを理解していて、一から教える必要のない保育士経験者の存在ほど頼もしいものはありません。

このような転職市場のもとでは、「自宅近辺で働きたい」「結婚を機に違う県に引っ越す予定があるが、保育士の仕事は続けたい」などの希望がある場合でも、居住地に関係なく、希望の勤務地で転職先を見つけやすいでしょう。

また、自分の希望する条件に合った職場に転職できる可能性が高くなるだけでなく、運がよければ前職よりもお給料がアップする可能性だってあります!

職探しの時間もしっかりとれるよう転職のタイミングには余裕を持つようにしましょう。目安としては最短3ヶ月からでゆっくり吟味する場合は12っヶ月ほど準備期間があるといいでしょう。

ブランクがあることが転職市場において有利になることも?

保育士の仕事は、出産や子育てなどでしばらく仕事から離れていたとしても、比較的復帰がしやすいようです。

一度保育士として働いたことのある人は、仕事の流れも身についています。

ブランクが長い場合は、復帰後すぐはとまどうことがあるかもしれませんが、勘が戻ってくるまでにそう時間はかからないでしょう。

特に、子育て経験は保育士の仕事に直接生かせるため、逆に有利に働くこともあるのだとか。

子育てを経験したお母さんは、子どもの特性についての理解も深まっていますし、子どもの目線でものを見るということも学んでいます。

そういった経験が知恵となって、以前にも増して保育士としての的確な判断をすることができるようになっていることでしょう。

保育士の転職のタイミングは今がチャンスといえる!

見てきたように、保育士の転職市場は売り手市場です。

保育士資格を持っていて経験もある保育士は、仕事が見つかりやすい状況であるため、転職するなら今がチャンスといえるでしょう。

ただし、なかには無事新しい職場が決まって前職場で抱えていた問題は解決したが、働きだしてみると転職先では別の問題が出てきて、結局「前の職場のほうがまだましだった」と転職したことを後悔する結果になってしまうこともあるようです。

そうならないためにも、転職先を選ぶときには自分が今の職場で不満を感じている部分だけでなく、総合的に判断するようにしましょう。

そして、「パーフェクトな職場はない」ということは覚えておくべきです。

どんな職場環境でも、自分自身の心がけや努力で改善する部分は意外に多いもの。

与えられた環境のなかで最善を尽くすことが、転職を成功させる鍵になりますよ!

 

保育Fine!で理想の職場を探す

保育士の仕事をさがす