転職お役立ち情報

スッキリかわいい!保育士におすすめの簡単ヘアアレンジ特集

315秒で読めます

1日中忙しく活動する保育士にとって髪型は重要です。髪をおろしていると業務の邪魔になるだけでなく、子どもに髪が当たってしまったり、食事に髪が入ったりとトラブルの原因になることも。安全な保育のためにも、髪はできるだけスッキリとまとめておきたいですね。しかし、後ろで1つに束ねるだけでは味気ないもの。髪をスッキリまとめながらもかわいいスタイルに仕上げられたらうれしいですよね。今回は、簡単にできる保育士にぴったりのスッキリかわいいヘアアレンジをご紹介します。

12-17_10736003826_R

ヘアバンドに入れ込むだけ!「ギブソンタック」

手の込んだスタイルに見えて、実は簡単にできるヘアアレンジといえば、ギブソンタック。髪を内側に折り込むように低い位置でまとめるこのヘアアレンジはギブソンロールとも呼ばれ、簡単にできるまとめ髪として海外ではメジャーです。クラシカルで上品に仕上がるお姫様のようなスタイルなので、おしゃれに敏感な女の子たちからの評判もアップするかもしれませんね。今回はヘアバンドに入れ込むだけで完成する簡単な方法をご紹介します。
1. 髪をおろした状態で、まずヘアバンドを頭頂部からかぶるようにつけます。ずれないようにヘアバンドをピンで2か所ほど固定しておくと、もちがよくなります。ふんわりさせたい場合は、事前に髪全体を巻いておき、トップは逆毛を立てておくとよいでしょう。
2. サイドから少しずつ毛束を取り、ヘアバンドの上から下へ通します。出てきた毛先に襟足の毛を足し、再度ヘアバンドに通していきます。
3. 2の動きを反対サイドに向かって繰り返していき、すべての毛先を中に入れ込みます。崩れそうな部分がある場合は、ピンで固定し、仕上げにヘアスプレーで固めれば完成です。
難しい技術は不要なので、不器用な方にもうれしいヘアアレンジです。

定番の「お団子」は動きやすさもかわいさもバッチリ!

カジュアルスタイルの定番といえば、やっぱりお団子。はつらつとした印象に仕上がるこちらは、保育士に最適なスタイルといえるでしょう。三つ編みでつくるヘアアレンジは、動きやすさもかわいさも兼ね備えているので、定番スタイルとして押さえておきたいですね。
1. お団子をつくりたい場所で髪を1つに結びます
2. 結んだ髪を先端まで三つ編みにします
3. 結んだ中心部に三つ編みを巻きつけていき、根元のゴムに入れ込めば完成です
ポニーテールと三つ編みさえできれば、手早く完成するので、ぜひお試しくださいね。

前髪を編み込んでスッキリ!

ショートやボブの短めヘアでも大きく印象を変えられるのが、前髪アレンジ。前髪からサイドまで髪を編み込める片編み込みなら、邪魔になりがちなサイドの髪をまとめることができます。おしゃれ感もアップするので、保育士としての業務中以外にプライベートでも取り入れたいヘアアレンジのひとつです。
1. 前髪を3つに分けます
2. 片編み込みの土台をつくるために、1.で3つに分けた気束で三つ編みを1段つくります
3. 2段目を編む際に、顔周りの毛束を片側に足しながら、おでこに沿ってゆるやかにカーブを描くように編み込んでいきます
4. 耳の横まで編み込んだら、毛先をピンで留めてできあがりです

片編み込みは、基本は三つ編みで片方だけ編み込んでいけばできるので、通常の編み込みより簡単です。網目を少し引っ張り出すと、ふんわりと仕上がりますよ。

簡単おしゃれなヘアアレンジで充実した毎日に

今回ご紹介したヘアアレンジは、どれも簡単なものばかり。不器用な方でも手早くできるので、朝が忙しい保育士の強い味方です。どれも手が込んだように見えるのもうれしいポイント。スッキリと髪の毛をまとめて、保護者受け、子ども受けのいいスタイルで保育に臨みましょう!

とはいえ、好きな髪形をしたいなあ…という方に!『服装・髪型自由の求人』

関連記事を見る

>もっと見る