【保育士の転職】履歴書や職務経歴書の書き方のマニュアル

1234秒で読めます

1234秒で読めます

 保育士の転職の際に履歴書や職務経歴書などの書類が必要になります。履歴書や職務経歴書は保育士に限らず、どの職種でも転職活動には必須となる書類ですが、細かい書き方など意外と知らない人も多いのではないでしょうか。今回はそんな人のために、自分の魅力が十分に伝わる保育士の履歴書と職務経歴書の書き方を詳しく例文を交えてご説明します。

保育求人小バナー

 保育士が履歴書を書く際に注意すべきポイントとは

全ての項目を記入の際に注意する超基本ポイントです!

① 丁寧な字で記入する
② 修正液は使わない

③ 誤字脱字に注意する
④ 略語(株)などを使わない
⑤ 和暦・西暦を統一する

 とにかく丁寧に、心を込めて書くことが大切です。
気をつけましょう。面接の質問は履歴書等の項目から引き出され、書類選考にも使われます。また履歴書はあなたの「顔」、第一印象となる転職活動において重要な書類になります。
では具体的にどのように履歴書を書いていくのか、項目ごとに説明をしていきます。

▼保育士の履歴書に書く志望動機の書き方や例文を知りたい
【保育士の志望動機】履歴書の志望動機の書き方や面接で好印象を与える志望動機とは!?

▼保育士の履歴書に書く自己PRのポイントや例文を知りたい

保育士の履歴書にある基本情報の書き方

履歴書 基本項目

日付

 履歴書に記入した日ではなく、園に提出する日付、郵送の場合は投函する日を記入しましょう。和暦で統一しましょう。

◆氏名 

 大きめの字で、丁寧に記入します。苗字と名前の間にはスペースをあけて、ふりがなは書類に応じてカタカナなのか、ひらがななのか異なりますので、注意して書きましょう。

◆生年月日

:昭和60年5月1日
和暦か西暦をしっかり記入しましょう。

◆現住所
 必ず都道府県から記入し、建物名やマンションの正式名称、部屋番号まで丁寧に書きます。番地の書き方は「〇〇町1-2-3」ではなく「〇〇町1丁目2番地3号」と省略せずに記入しましょう。「緊急連絡先」の記入欄がある場合は、実家の連絡先を記入することをお勧めします。

◆写真
 
 写真撮影の際の身だしなみは、スーツやジャケット姿で、自然な髪色、ナチュラルメイクを意識しましょう。正面を向き、表情は口角を上げる程度の笑顔で写真を撮りましょう。おすすめの背景は顔が明るく映えるブルーのグラデーションです。

★面接に成功する服装、ヘアメイクのコツはこちら!

また、貼る前に写真の裏に名前を記入しておきましょう。

◆電話番号
 基本的には日中に連絡のつく番号を記入してください。
 固定電話の場合は市外局番から記入しましょう。固定電話がない方は、携帯電話のみでも大丈夫です。緊急連絡先には実家の電話番号を記入しましょう。

◆メールアドレス

 転職する際に連絡する手段として、求職者とメールでやり取りをしている園が増えています。せっかく履歴書を送ったのに連絡が来ないなどの状況にならないように、メールアドレスに間違いがないか確認をしましょう。

◆印鑑

 押印箇所がある履歴書や、提出先から押印を指示されている場合は、氏名の横に押印します。押印の際ですが、シャチハタはNGです!厚めの紙や印鑑パッドを下にしいて、しっかりと捺印しましょう。提出先からの指示がなく、履歴書に押印箇所がない場合は、押印をする必要はありません。 

保育士の履歴書、学歴・職歴の欄の書き方

 まず書き出しですが、 学歴、職務経歴の記入欄共に1行目に見出しとして、「職務経歴書」、「学歴」と書きます。

学歴

義務教育が終了する中学校卒業から記入するのが一般的です。「中学校卒業からだと書ききれない」という場合は、最終学歴から1つ前の学歴を記入します。(大学卒業の方は、高校から書きます。)

学校名や学部は長くなったとしても省略せずに書くのが基本です。(高校以降は「普通科」など科も書きます。)
特に、大学や専門学校のコース名を見ると「その人が何を学んできたか」等採用に影響がある可能性があるのできちんと書きましょう

職歴

 職務経歴書は、面接官が採用基準をもとにじっくり読み込む重要箇所になりますので、ひと目みて概要がわかるように工夫して記入しましょう。正しい時系列で勤務した順に法人名も省略せずに書いていきましょう。

業種名や従業員数、園児数を一緒に記載するとさらにわかりやすくなりますが、書ききれない場合は運営主体名と園名のみで問題ありません。

また、退職理由は「一身上の都合により退職」で統一してください。

さらに、「有限会社」や「株式会社」の職務経歴書は「入社」「退社」、「社会福祉法人」や「宗教法人」の場合は「入職」「退職」で統一します。最終学歴の次の行に右詰めで「以上」と記入するのも忘れないようにしましょう。

※このように学歴と職務経歴書は分けて書きましょう。

免許・資格の書き方

 基本的には保育士資格をいちばん上に書き、その他は取得した順番に正式名称で書きます。もしも、現在勉強中の資格がある場合や在学中の学生さんは「〜〜資格 ○○月に取得予定」と記載しましょう。

面接官にアピールできる資格とは?

保育士の資格以外でも、子どもに関係のある資格であれば、未取得であっても記載することがおすすめです。保有資格や免許が多くて書ききれない場合は、保育に役立つ資格をアピールすることもできる「幼稚園教諭第1種免許」「チャイルドマインダー」「ベビーシッター」など、業務に活かせるものを優先して記入しましょう。

ただし、「幼稚園教諭免許」の記入には注意が必要です。

幼稚園教諭免許を履歴書の資格欄に書く際に注意をするすることとは

幼稚園教諭免許は、一般的に四年制大学を卒業している人は1種免許、短大や専門学校を卒業している人は2種免許になります。保育士資格と一緒に取得した方で「幼稚園教諭、もっていたけど更新を忘れていた…」という保育士さんをちらほら見かけます。40代~50代の保育士さんだと、更新忘れで失効してしまっている可能性もあるので確認しておきましょう。失効していない方も、更新期間はいつなのか確認しておきましょう。

幼稚園教諭の免許の更新について詳しく見て見たい方はこちら

印象を悪くする可能性のある資格もある?

  また、「英語検定3級」や「漢字検定4級」など、中学〜高校レベルで取得できる資格を記載すると、逆に印象を悪くしてしまう可能性があるため、書かないほうが良いでしょう。

「世界遺産検定」や「アロマセラピー検定」など、半分趣味で取得した資格がある場合、記載は任意ですが、面接で質問された場合「なぜ取得したか」「どんな資格か」などきちんと説明できるように準備する必要があります。珍しい資格が話題のタネとなり、新しい仕事場で才能を活かすチャンスになるかもしれません。

保育士の履歴書に「趣味・特技や長所・短所」の書き方

auto

保育士の履歴書で趣味と特技の項目に書く際のポイントとは⁉

「趣味」「特技」は一見転職活動であまり重要ではないと感じ、適当に書いていませんか?しかし、転職活動において「趣味」や「特技」は、ほかの人と差別を付ける事のできる、とても重要な項目の一つになります。

なぜなら採用担当者も「面接で何から話そうかな?」と悩んでいる場合が多く、その時にちょっと目を惹くような趣味や特技が履歴書に書いてあると、丁度よく話題作りにできるのです。

 履歴書に趣味・特技を記入したのであれば、面接でその話題に触れられた時にしっかりと受け答えができるように考えておきましょう。

 保育士の履歴書で使える趣味ネタとは!?

 まず趣味とは、特技とは違い上手にできなくても問題ありません。実績がなくても大丈夫です。いかに自分が好きか、ということが重要です。たとえば「読書」を趣味欄に書く場合、どんな小説を読む等と具体的に記入しましょう。

 また、「楽器」等を記載する人も多いのではないでしょうか。学生時代に吹奏楽やバンドの経験があれば、何の楽器ができるのかまで書いておくと良いでしょう。もし、コンクールで入選経験や、15年以上の経験があり演奏経験も豊富である場合は、「特技」の欄に記入することがおすすめです。

特に業務に関係なくてもどうしようと悩むことがあるかもしれませんが、スポーツなど、遠慮せず多く記入し、自己PRにつなげましょう。特技欄に書くのは、スポーツは好きなもの、あるいは得意と思うもの、趣味は音楽鑑賞、映画鑑賞、読書など一般的なもので大丈夫です。

好印象を持ってもらう長所と短所のポイントとは

 長所は「粘り強い性格です」「明朗快活」など簡潔にまとめましょう。短所を書く場合は「優柔不断な面もありますが、何かを決めるときは目上の方や両親に相談しながら判断しています」など、普段から短所を克服するように努力していることを書き加えましょう。前向きな印象になります。

「特になし」と書くのだけは避けましょう。

「趣味って何を書けば良いだろう……」と悩んでしまったり、「プライベートなことを伝える必要なんてあるの?」と気が進まなかったり、どうしても書きたくない場合は趣味・特技欄がない履歴書を選ぶようにしましょう。

そのほかの項目

保育士の履歴書の本人希望欄  

 本人記入欄がある場合は、必ず埋めるようにしましょう。給料や勤務時間は、特別な事情がない限り、こちらから指定をすべきではありませんが、時短勤務などを望む場合は、希望の勤務時間を履歴書内で伝えておきましょう。

例)
給料:貴園(御社)の規定に準じます。
職種:保育士
勤務時間:貴園(御社)の規定に準じます。
勤務地:東京都内
 勤務開始可能日:平成○○年5月20日から

その他の活動

その他の活動を書く欄があれば、書ききれなかった資格やボランティア活動、優等賞、皆勤賞、奨励賞、感謝状、表彰状、特待生などを記入します。ボランティアは、活動先のグループ名だけでは内容がわからないので、具体的な活動内容を記入するようにしましょう。

得意な科目

得意な科目は保育科で学んだものを。実技と座学とを1つずつ記入しましょう。 

 上記保育士が転職の際に気を付けるの履歴書の書き方です。
保育士は丁寧な字を求められます!履歴書を書く時は、黒いペンを使用して、なるべく丁寧に記入しましょう。

保育士が職務経歴書を書く目的とは

保育士の職務経歴書

 履歴書を知っていても、職務経歴書については、詳しく知らないという方は多いのではないでしょうか。「職務経歴書」は転職する際に履歴書に添えて提出をするものです。前職であなたがどんな仕事をしていたのか、キャリアについて詳しく書くことで自分の経験や能力をアピールできる1つの種類になります。職務経歴書は先に書いたように「自分の仕事の足跡」をしっかり相手に伝えられる手段です。面接ではなかなか言えないことも、職務経歴書ならしっかり伝わります。提出を求められなくても、添えることで転職に対する熱意が伝わりますから、職務経歴書は是非書いてみましょう。

保育士が書くべき「職務経歴書」とは

 保育士が職務経歴書に書くべき内容は、勤めていた園・受け持った年齢やクラス・そして行事などで担当した当番などです。勤めていた園や年齢・クラスを書くことであなたがどんな経験を積んできたのかを知ることが出来ます。採用側は今一番必要な人材を見極められますから決して邪魔なものではありません。例えば、3歳児の担任を探していて、職務経歴書に3歳保育の経験ありと書いてあれば、間違いなくあなたが採用となるでしょう。今までの経験をすべて書いておくことが望ましいですが、特記すべき点がある場合はしっかり強調しておきましょう。

本来の業務以外のことも詳細に書こう

 本来の業務以外とは「行事」です。行事で担当した内容をなぜ書くのか不思議に思うかもしれませんが、保育所でまず外せないのが行事です。特に保護者参加の行事を多く行う保育所の場合は、行事慣れしている保育士を即戦力として求める傾向にあります。積極的に動ける方がもちろん助かるからです。様々な行事をこなしているとアイデアも多く浮かびますよね。行事だけでなく、園内の委員などもある場合は同じくしっかり記載しましょう。小規模保育の場合は除きますが、大規模保育所の場合は様々な担当や委員もありますから、前職での経験があると優遇されることも考えられます。

前職経験が3年以下でもあきらめない

 職務経歴書でも、前職の経験が浅い場合はどう書いたらいいのでしょうか。経験が浅い場合は、無理に経験を書く必要はありません。採用側は経験が浅い場合は経験より人柄を見ます。かといって職務経歴書を白紙に近い状態で提出するのは好ましくありません。その場合は、経験と、それに対するあなたの意気込みや頑張る意欲をしっかり記入するようにしましょう。

職務経歴書で自分という保育士の魅力を伝えよう。

 保育士と一言で言っても、保育所によって求める人材は異なります。しっかり自分の魅力を伝える事で、転職のミスマッチを防げます。公立の保育園の経験しかない人が、給料面が良いというだけで小規模の無認可保育所へ転職したら環境になじめず、転職したらすぐに辞めてしまったもという転職談をよく聞きます。折角の転職ですから、自分自身に合った園が見つかるように提出を求められなくても職務経歴書は是非提出して欲しいと思います。

職務経歴書の基本的な書き方

基本的な書き方やポイントは履歴書と変わりません。また名前等の基本的な情報も履歴書と変わらない為、履歴書にはない職務経歴書の項目の部分を中心に説明致します。

職務経歴の欄

上から時系列で記入します。和暦または西暦については、提出する日付と同じく履歴書にあわせます。

【例】

 「平成○○年 社会福祉法人△△入職 △△保育園入職」
「平成○○年 社会福祉法人△△退職 現在に至る」
  というように書きましょう。

業務内容 

職員規模、施設種類、経験、雇用形態の4項目を記入します。さらに、具体的にどのような仕事をしたのかについて、3行程度記入します。

(例)【職員規模】80名(法人全体)
   【施設種類】認可保育園
   【経験】3歳児クラス担任、4歳児クラス担任
   【雇用形態】正職員

 というような形式で、過去に勤めた職場について、順にそれぞれの業務内容を書きましょう。

取得資格

取得している資格を、取得した順に記入します。

 (例)平成○○年 保育士資格
   平成○○年 幼稚園教諭1種免許状

 というように箇条書きで書きましょう。

封筒の書き方は?

添え書きの書き方は?

 履歴書は3つ折りにして、長3サイズの封筒に入れるか、そのまま折らずにクリアファイルなどに入れてA4サイズの封筒に入れてもいいでしょう。添え書きはなくても構いませんが、書く場合はシンプルな便箋や一筆箋などを使います。

「拝啓」から始めて、季節の挨拶文を書き、応募したい旨と、同封する書類について書き、「ご査収のほどよろしくお願い申し上げます」と書いて「敬具」で締め、郵送または提出する日の日付と名前を書きましょう。

 封筒にはていねいに宛名を書きましょう。園の担当者がわかっている場合は「⚪︎⚪︎保育園 ⚪︎⚪︎様」、保育園あてに送る場合は「⚪︎⚪︎保育園 御中」と書きます。左端に朱書きで「履歴書在中」「応募書類在中」などと記入しましょう。裏面には自分の住所氏名を書いておくことも忘れないようにしましょう。

保育求人小バナー

バッチリの書類を準備して転職活動を成功させましょう。