転職お役立ち情報

連休明けに保育園で起こりがちなトラブルを避ける方法3つ!

ようやくゴールデンウィークですね!
お休みになる保育園も多く、貴重な長期休暇の計画を立てている保育士さんも多いのではないでしょうか?

子どもたちにとってもお父さん・お母さんとお出かけできるゴールデンウィークはとっても楽しみなもの。

でも実は、ゴールデンウィーク後に保育園で「子どもたちの様子がいつもと違う…」というトラブルに困ってしまう事態は少なくないんです。
GW明けにこういったトラブルに慌てることがないよう、注意しておきましょう٩( ‘ω’ )و
d07433943c2e7432c94dc985f4d2fd60_s

GW明けに保育園で起こりやすいトラブルとは?

保育士さんの中でよく話題になるのは、

「登園のときに、保護者の方から離れるのにすごく時間がかかる子が多い・・・」

「園バスでお迎えに行っても、なかなかバスに乗ってくれない!」

というトラブル。

普段でも何人か保護者の方と離れるのを嫌がる子はいるけど、
この子まで〜?!って困惑しちゃいますよね。

そんな時、どうすればいいんでしょうか?
具体的な対策方法をお教えいたします!

登園を嫌がる子どもに効果的な方法3つ

1. 嫌がる理由を考えてみる

「保育園いきたくない!」「園バスのりたくない!」と子どもが嫌がる理由を聞いてみると、
想像もつかないくらい単純なことが気になっていただけだった、ということがあります。

また、お母さんと離れたくなくて泣いている子どもは、離れてしばらく時間がたつと泣き止んでニコニコして遊びだすことも多いのです。

これらの場合は、基本的にあまり気にする必要がありません。

要注意なのは、保育園になじめてないのが原因だったり、友達や先生との関係を気にしているケース。
大人から見て些細なことでも、子どもにとっては大きなストレスになっているかもしれません。

保育園での過ごし方をよく観察して、問題があれば保護者の方もまじえて一緒に解決策を考えていきましょう。

 

2. 連休のお出かけで疲れている子どもには休息を与える

連休中にお出かけに連れて行ってもらう子どももたくさんいます。
そんな子どもの中には、連休中の疲れがのこっているからぐずってしまう、という子も・・・。

顔色やお遊戯の様子をみて、疲れているかな?と思ったら保護者の方にお伝えするなど、
子どもの体調管理にも気を配りましょう♪

 

3. 無理に通わなくていいということを保護者の方に伝える

嫌がる子どもを無理やり保育園に連れて行こうとすると、保護者の方も疲れてしまいます。

家庭によって「どうしても預けないと・・・」というところもあると思いますが、
「子どもが嫌がる時は無理して登園させなくても大丈夫ですよ」と保育士さんから保護者の方に伝えることで、
「集団生活に慣れさせるために保育園に行かせなくちゃ!」という保護者の方の気持ちを楽にすることができます♪

関連記事を見る

>もっと見る