20代で保育士に転職する方法や注意すべきポイントとは

20代は社会人経験も浅いですが々な理由で転職を考える人がいたり、未経験から保育士になろうと考える人もいます。今回は、20代の保育士が転職する時のタイミングや理由、ほかの保育園に転職する際に気をつけることや、未経験から保育士になるためのポイントを紹介します。

20代の保育士が転職するタイミングと転職理由

20代で転職を考えている人は、保育園に就職して間もない人が多いですが、転職を決意する理由はいくつかあります。まずは周りの20代の保育士が転職する理由や、20代の保育士が転職する上で、絶好のタイミングを紹介します。

周りの20代の保育士が転職する理由

ほかの職種でも同じことがいえるのですが、20代の保育士が転職をする大きな理由として、人間関係の問題があげられます。女性が多い保育士特有の職場での人間関係や上下関係が自分には合わないと感じてしまい、転職を考えるようです。 
また、保育士は残業時間が多かったり、残業手当を支給してくれないところがあるなどいわゆるブラックな保育園もあります。そのような職場で働き続けることに疑問を感じるため、転職を考えます。 
結婚や出産というライフステージの変化も、転職理由の多くを占めています。今までの働き方では仕事とプライベートを両立できないと考え、転職を考えるのです。

20代の保育士が転職をする絶好のタイミング

20代の保育士が転職する絶好のタイミングは、1月から3月といわれています。1月頃になると年度末に欠員が出る数を、多くの保育園が把握できるようになるため、欠員を埋めるために求人を多く出すようになります。もしもこの時期以外で転職をしたいという人は、転勤などで退職者が多く出る6月から7月頃を狙ってみましょう。

20代の保育士が転職するメリット

20代で保育士が転職すると、2つかのメリットがあります。

スピーディーなキャリアアップが見込める
1つ目は、スピーディなキャリアアップが見込めることです。多くの保育園で保育士の平均年齢が若くなっているため、2年から3年程度の経験があれば、スキルアップやキャリアアップを理由として転職することが認めてもらいやすくなっています。

他の年代よりも採用率が高い
2つ目は、他の年代よりも採用率が高いことです。20代の保育士は体力があることや、長期間働き続けてもらえると転職先の保育園は考えてもらえるため、家庭を持っていたり基本給が高めになっている30代や40代の保育士よりも優先的に採用する保育園が多いのです。

20代の保育士が転職で他の保育園に移るとき注意したいこと

保育士 転職 20代

20代で他の保育園に転職することには、注意点もあります。

「未経験者歓迎」はブラック保育園のサイン?

求人の中には、未経験者歓迎と記載されているものもあります。しかし、このような求人先に就職したとしても、給与面での待遇が悪かったり、人手不足が深刻で想像以上のハードワークになってしまうことがあるのです。

記載されている情報が明らかに少ない

求人サイトなどに求人情報を掲載するときは、応募者が求人に応募する上で必要となる情報が記載されています。しかし、求人の中には記載されている情報が明らかに少ないものもあり、すべての情報を記載すると都合が悪いと考えている背景がある可能性があるのです。このような求人はブラック保育園な場合があるので注意しておきましょう。

ライフイベントが控えているとき

結婚や出産、育児など人生で節目となるライフイベントが控えているときは、転職に慎重になった方が良いかもしれません。転職先が産前産後休暇や育児休業を積極的に取得させてくれない可能性もありますし、子どもがまだ小さい場合など仕事に専念できない可能性のある保育士は、転職先も採用を見送る場合があるからです。

20代で未経験から保育士になるためのポイント

20代の中には未経験から保育士を目指す人もいます。未経験で保育士になるためには、いくつかのポイントがあります。

とにかくたくさんの情報を集める

20代で未経験から保育士になるためには、とにかくたくさんの情報を集めることが大切です。20代の場合は社会人としての経験もそこまで多くないため、実際に保育士に転職してからのイメージを膨らませるために、転職サイトの相談員から話を聞いたり、保育士として働いている知人にアドバイスをもらうなど、あらゆる方面から情報収集することで、保育士としてどのようなキャリアを歩んでいきたいかを明確にしておくことが大切です。

未経験でも保育士になる方法とは

保育士の資格を持っていない場合は、保育士資格を取得するところから始めましょう。
保育士資格は大学や厚生労働大臣が指定する短期大学や専門学校で必要な単位を修得することで、卒業とともに保育士資格を取得できます。
また、保育士補助として保育園で仕事をしながら通信講座で必要な知識を学び、国家資格を受験するという方法もあります。保育士資格取得のための時間や費用を考えながら、あなたに適した方法で保育士を目指しましょう。

幼稚園教諭をもっていて保育士資格を取るには

近年認定こども園や、幼稚園より保育園の方が需要があるため、幼稚園教諭の免許を持っていた人が、保育士資格を取る人が増えています。また厚生労働省では、そんな幼稚園教諭の資格を持っている人に対して、支援しようと助成金等の準備もしています。

【引用;厚生労働省】https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/hoiku/tokurei.html

まとめ

今回は、20代の保育士が転職する理由やタイミング、転職する際の注意点や未経験から保育士になるためのポイントを説明しました。あなたのライフステージにあった転職方法を選択して、転職を成功させてください。

 

 

保育Fine!で理想の職場を探す

保育士の仕事をさがす