保育園の園長先生へのなり方

今は現場の保育士として経験を積んで、ゆくゆくは園長先生になりたい…!とキャリアアップの夢を描く保育士さんも多いのではないでしょうか?しかし、どうしたら園長先生になれるのか、具体的なプランまでは思い浮かばないという方も多いですよね。この記事は、そんな保育士さんのお悩みを解消できる内容になっているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

園長先生の仕事内容とは

保育園の園長先生の仕事内容は、

  • ●保育士への給料や経費の管理
  • ●遊具・設備等保育園の安全確認
  • ●給食のチェック
  • ●保護者の方への対応
  • ●保育士の面接

ざっと並べると、上記のようになります。

ほかの役職の方と大きく違う点は、園全体を管理・まとめる役割を担うです。
目の前の園児たちやイベントにかかりきりではなく、園を広い視野で見守り、保育園が無事に運営できるようにあらゆることに注意を向ける重要な役割となっています。

公立・私立の保育園の園長先生の違いとは

公立と私立の保育園の園長先生は、どんな違いがあるのかご紹介します。

公立保育園の園長先生の特徴

公立保育園では勤続年数と共に、給与は上がっていきます。
公立の園長先生も、もとは保育士として働いていた人がほとんどで、現場での経験も豊富です。
公立保育園は自治体の管理になりますので、所属する市町村から補助を貰い、利用者が少なくなっても保育士のお給料はきちんと貰える仕組みになっています。

私立保育園の園長先生の特徴

 園長先生を目指す際、私立保育園が公立保育園と違う点は、勤続年数がそこまで重要視されないということです。もちろん経験は必要ですが、勤続年数が長くなくても、経営者の身内が園長職に就くというケースが多いです。

 また、園長先生は保育のことだけ知っていたら務まるのか?というともちろんそうではありません。経営のスキルや、地域との連携をする必要があります。そのため、保育に対するビジョンだけでは園長先生になることは難しいといえます。

 基本的に、園長先生はクラス担任を持つことはありません。方針にもよりますが、園児と関わりにくいポジションでもあります。

保育園の園長の悩みとは? 

 一般の保育士と異なり、その責任は非常に大きい園長先生。もちろんその分のやりがいも大きいですが、反面、プレッシャーや悩みが多いのも特徴の一つ。

 保護者からのクレームがあったときの責任者ももちろん園長先生です。保育園のあらゆる面で責任がある以上、のしかかってくる業務やストレスも、クラス担任を持つ保育士とは全く違った辛さがあるかと思います。

 ですが、なによりも自分の思い描く理想の園を作り上げていく達成感は、園長先生ならではのやりがいですよね。

保育士何年目で園長先生になれる? 

保育園 園長 何年目

 園長先生になるにはどのくらいの経験が目安なのかというと、およそ10年程度と言われています。主任保育士になると8年程度となります。
これはやはり保育園内のあらゆることに対応しなくてはいけないことため、ある程度の経験が必要なのです。
「餅は餅屋」といいますが、他の職員を指導するという立場から見ても、園長先生は経験がしっかりある保育士さんにお願いしたいと周りが思うのです。

 そこで園長募集の求人に応募するのなら、ある程度保育園で経験を積んでいる保育士の転職者の方が採用されやすいんですね。

保育園の園長先生になるにはどんなスキルが必要? 

園長先生や施設長には、どんなスキルが必要になるのでしょうか。実際に具体例を見てみましょう。

保育士の具体的なビジョンと熱意
保育現場でどれだけ経験を積んできたのかというのはとても重要ですが、経験を積んだだけでは園長先生として成功するかどうかは分かりません。

これまでの経験を活かして、

●こんな保育園にしたい
●園児とこんな風に関わりたい

という具体的なビジョンが必要なのです。

 またこのビジョンを現実に移すには、熱意が必要です。やる気のない園長先生では保育園自体の活気も生まれません。ビジョンはぼんやりとしたものではなく、より具体的な内容の方が保育士さんもついていきやすくなるものです。

コミュニケーション能力

 保育士としても必要なスキルですが、園長先生としてもコミュニケーション能力とは必要です。園長先生は、保育現場にいることよりも園長会や行政機関、保育教材の業者さんとの関わりの多い仕事です。そのため、様々な方向へのコミュニケーションが必要になるのです。
更に、日々の業務などもこなし、きめ細やかな対応が求められます。保育園は、保育園だけで運営できるかわけではなく、地域との連携や、行政機関からの援助が絶対に必要です。
 こうした人たちとのコミュニケーションを上手くとっていくことで、自分の保育園の経営が安定化していくのです。

現場への気配り

 園長先生は保育現場にいることが少ない職種です。園長先生と言うのは、園の運営業務や雑務が意外に多く、現場に顔を出す時間を確保できないのです。そのため現場の保育士さんとの溝が深まりやすくってしまうこともあります。 
 園長先生と保育士間の 溝が深まると、保育園の雰囲気が悪くなり離職者が出る可能性もあります。そうならないためにもまめに顔を出したり、子どもや保育士と会話をして溝を作らないようにすることも重要です。

 保育士の言葉にはしっかり耳を傾け、また園長先生から保育士に話しかける機会を増やしましょう。そうすることで、働きやすい環境を作っていけるようになります。

  しかし、やり過ぎは危険です。あまりにも毎日園長先生が保育室に顔をだしているようでは、現場の保育士さんにプレッシャーを与えることにもなりかねません。特に歳の若い保育士さんは「何か失敗でもしただろうか?」と思うことでしょう。適度な頻度と時間で調整しましょう。

冷静さ

 保育園では、トラブルは毎日のように起こるでしょう。それは小さなものから大きなものまであります。小さなトラブルなら、笑って終わらせることもありますが、問題なのは保育士が動揺してしまうような大きなトラブルです。 
園長先生としては、常に冷静に判断を下さねばなりません。トラブルに面した時に、園長先生が冷静に判断することで、保育士たちは安心感を感じます。

 反対に一緒に慌てふためくような園長先生では、頼りにできないと思うことでしょう。

 また最近では保護者からのクレーム処理も大きな問題になることがあります。明らかに常識はずれなクレームをつけてくる保護者がいたとしても、園長先生はその全ての保護者の対応をしなくてはいけません。

 この時に、一番大事なのは、保護者のいうことばかり聞いて現場の保育士をないがしろにしないということです。保護者の対応も必要ですが、保育士だって毎日一生懸命保育をしています。モラルに反するようなトラブルを保育士が起こしてしまった場合は別ですが、そうでない場合は保育士と保護者の仲を取り持つように働きかけましょう。

保育園の園長の求人を探し方

 認可保育園で一定以上の経験年数があれば、園長職というのは決して遠い存在ではありません。新しい保育園が毎年必ず開園していますし、退職などの理由により園長の職があいてしまうこともあります。

 園長職に就くときの一番のポイントは、経験年数などではなく、園長としてこれから園児にこんな風にかかわっていきたい、という志です。園長としての目標を掲げて、応募することが採用への一歩かもしれません。 経験を積み、理想の保育園像が明確になってきたら、キャリアアップのために園長先生を目指てみませんか?簡単な道ではないですが、志を強くもち、夢に向かって頑張りましょう!

 

 

保育Fine!で理想の職場を探す

保育士の仕事をさがす