保育士VSモンスター保護者~保育士を悩ます保護者トラブル~

559秒で読めます

559秒で読めます

モンスターペアレントという言葉を聞くようになってから、ずいぶんたちます。

私が担当している保育園の一保育室では、毎日10名前後の子どもが通っていて、年間の延べ人数は2500人あまり、新しく登録する子どもは年間で100人を超えます。

保育求人小バナー

そんな毎日違う子どもが来る一時保育室では、様々な保護者からの要求・クレームがあります。保護者の皆様におかれましては、保育士と円満にやっていくためのマナーとして、参考になさって頂けると嬉しいです。

おむつ替え / うんちのトラブル

オムツの交換にはみなさんいろいろこだわりがあるようで、「オムツを使う量が多すぎる!3回分吸収するオムツなのに、なんで少量で換えるのか・・・。もったいない」と言われることがあります。逆に、「かぶれるから、ちょっとでも交換してください」と言われることもあります。

毎日違う子が来るので、すべての子に対応することは難しいのですが、なかなか分かってもらえないですね。

うちの園では、各自オムツを捨てる用のビニールを持参してもらい、家に持って帰って処分してもらっているのですが、通常、おしっこのときには、オムツにもともとついているテープを使って丸め、うんちの時は小さなビニールに入れて2重になるようにしてビニールに入れるようにしています。

けれども、「どんな時も小さなビニールに入れて二重にしてください」という要求を受けたことがありました。ビニールに入れること自体は大した手間ではありませんが、ほかの子と違う対応をするのは意外と時間がかかるものなのです。この時は、小さいビニールを持参してもらい、登園した時に、ひとつずつビニールに入れておき、交換時に毎回ビニール袋から出して使用するようにしました。

また、男性保育士がオムツを換えるのを嫌がる保護者の方もいます。女児のお尻を拭くのが男性保育士だと抵抗があると言う声も、少ないですがあるのです。

クレームと戦う保育士

人によって価値観の違いがあるので、できるだけ尊重しなければいけないとは思いますが、10人いれば10人違う価値観を持っているものです。全員に対応するのは難しいと感じていますし、難しいものです。そこを理解して手一杯の保育士をとがめない、気持ちに余裕を持った子育てを心がけることがマナーです。

食育のトラブル

保育園の給食は食育を兼ねていますから、基本的に同じ給食をみんなで食べます。

一時保育の子どもたちも同じものを食べるのですが、まだまだ好ききらいも多く、食べ終わることは難しいことが多いんです。保護者の方にお伝えするときは、基本的に食べれたものを伝えるようにして、食べれなかったものに関してはあまりお伝えしていません。

せっかくなので食べられたことを喜んでもらいたいと思うからなのですが、「そんな偏っていたら保育園に来ている意味がない、ちゃんと食べさせてほしい」とか「家では無理に食べさせないようにしているので、無理に食べさせないでほしい」と言われることがあります。

クレームと戦う保育士

一時保育では普段おうちで食べるものとも違うので、無理のない範囲で食べさせていると伝えるのですが、なかなか納得してもらえないこともあります。

また、「家でお菓子しか食べないので、食べれるようにしてほしい」といわれることもあります。おうちでできないことをたまにしか来ない一時保育室で対応するのは難しい、と感じています。

好き嫌いではないですが、アレルギーなわけではないのに、なんとなく不安だから『牛乳は飲ませたくない』『玉子は食べさせたくない』という人もいます。また、『ベジタリアンにしたいから肉・魚を食べさせたくない』というようなこともあり、どこまで要求にこたえるべきなのか悩んでしまいます。

成長に必要な栄養素があるので、素人判断で食べないのは不安がありますが、ベジタリアンや宗教上の理由などの特殊なご事情の場合、どこまでが必要なのか、毎回考えさせられます。

もちろん、アレルギーの子の場合は細心の注意を払って、アレルゲンが混じらないように保育士+栄養士で対策を考えています。しかしそれ以外の場合では、子どもが健康に育つためにも、いろいろな食物に挑戦してもらいたいという気持ちと、家庭のやりかたを尊重するべきかという気持ちで葛藤しています。

赤ちゃんの場合、普段完全母乳なので哺乳瓶を嫌がって飲んでくれない子が多いです。預ける予定がある場合は哺乳瓶を使えるようにしてもらうか、早く離乳を終わりにしてしまうかしないと、赤ちゃんが兵糧攻めのようになってしまいます。

名前の漢字・読み方

たくさんのお子さんが通う一時保育室では、名前をできるだけ間違えないように書くようにしていますが、難しい時があります。

齋藤・齊藤・斎藤・斉藤 のどれか

渡邉・渡邊・渡辺 のどれか

山崎・山﨑 のどれか

という時は、間違えてしまうことがあります。

クレームと戦う保育士

 

また、名前の漢字は、とても凝ったもののこともあり、書き間違えるくらいならと平仮名で書くことも多いです。

書き間違えられることが多い方は、神経質になっているようで、丁寧に確認されていますし、一生懸命考えてつけた名前を平仮名で簡略化して書いたと言うのはいい気分はしないのかもしれません。

保育士も、お名前の字なのでできるだけ間違えないように、丁寧に書くように心がけているのですが、クラス何十人分の名前を完璧な漢字で覚えるというのはなかなか難しいものなのです。

保育方針

一時保育室なので、異年齢児が一緒になるのですが、「同年代のことだけ一緒に保育してほしい」という希望や、逆に「一時保育の子だけで保育してほしい」と言う希望を言われることがよくあります。公園にお散歩に行くのも、一時保育なのに散歩に行けるんですねと喜んでくれる人もいれば、慣れていない子どもを連れていくなんて心配だと言われることもあります。

「家で寝なくなるのでお昼寝させないでほしい」とか、体調不良でもないのに、「今日は暑いから(もしくは、寒いので)外に出さないでほしい」と言われることもあります。

これら全ての希望をかなえるのは、無理があります。

限られた数の保育士が、子どもたちを安全に少しでも楽しんで過ごせるようにと悩みながら実施していますので、温かく見守ってもらえるとよいのだけど、と感じています。

一時保育へのクレーム

まとめ

以上、クレームの中でも私が担当している一時保育で言われるクレームでした。

大事なお子さんを預かる保育園ですし、ましてや一時保育室は初めて他人に預けると言う人も多いところです。心配や不安からクレームになるんだと思いますので、丁寧に対応しなくてはいけないのかなと思っています。

私たち保育士も、パパもママも子育てでてんやわんやの状態なのはわかります。幼い子どもを、ずっとそばでみまもりながら育て上げるというのはとても大変なことです。

でも、周りの大人がピリピリしたり余裕がないと、子供はすさまじく敏感に空気を読み、同じように余裕がなくなってしまいます。

そういうのをやめて、私たち保育士と一緒に、子供たちの成長をゆっくりと、楽しんでみませんか?

だって家族は、たのしい(^^♪とあんしん(^^♪、でできているのですから。

 

 

保育求人小バナー

FINE!保育士公認ブロガー  著者:神奈川県在住・40代保育士・女性
【寄稿元/出典:保育士辞めたいの私だ http://www.suicideoutreach.org/】